ボディタイプの分類

現代にはさまざまな車の「かたち」が存在します。その本来の意味を少し勉強してみましょう。

セダン

最も古くからある車の形で、馬車の籠椅子という意味のsedanが語源とされている。
エンジンルーム、乗車空間、荷物空間(トランク)が3つに分かれた、3BOXという形状が一般的。
ドアは4枚あることが普通。(2ドアセダンも存在する。)

アテンザ

乗車空間の屋根を車の後端まで伸ばし、後ろにテールゲート式ドア(いわゆるハッチバック)を設置したものも、セダンの一種とみなされる。この場合は、「ハッチバック・セダン」という言い方が正式でしょうか。
3ドアハッチバックセダン・5ドアハッチバックセダン。こういう言い方をするのでしょう。

クラウン

セダンの代表といえば、やはりクラウンでしょう。

ハッチバック

乗車空間とトランクが分かれておらず、後部のドアが跳ね上がるタイプをハッチバックと呼びます。コンパクトカーのほとんどがこのハッチバックで、3ドアハッチバックと5ドアハッチバックがあり、日本の主流は5ドアになっています。

フィット

クーペ

これも馬車が語源という説が濃厚。フランス語で切るという意味の「couper」が語源とか。
箱型の馬車の後ろの部分を、「斜めに切って」スタイリッシュな姿とし、2名乗車を基本とするスタイル。
これがクーペということらしい。実用性よりもスタイルを重視。今と変わりませんね。

となると、自動車でのクーペは元々「2人乗り」「2ドア」「後部が斜めに切り立っている」がポイントか。

ここに、後部への荷物の出し入れなどの機能をもったテールゲートを追加すれば、3ドアハッチバッククーペということになろう。
最近のクーペは「後部座席を追加した」2+2のものが主流になっている。

トヨタ 86

日本の代表的なクーペといえば、トヨタ 86・スバル BRZでしょう。
現行日産フェアレディZ、ホンダ CR-Zはハッチバッククーペ。

いずれにせよ、ハッチバックというのは元々車の形式ではなく、テールゲートドアが追加された形の総称。となる。

オープンカー

まさに言葉のとおり、屋根のない開放されたオープンな車。
元来、車というものが人類の歴史上に姿を現した頃、車は全て「オープンカー」だった。
しかし、雨や雪の日でも乗りたい。傘をさすわけにはいかない。ということで、屋根が設置されたわけだが。

現代の車でいうと、オープンカーには様々な種類が存在する。

フェアレディZロードスター

コンバーチブル・カブリオレ・ロードスター・スパイダー・バルケッタ・・・代表的なものを取り上げてみると・・・

コンバーチブル

ベースはセダン、もしくはクーペスタイルだが、屋根の部分を取り外しできるようにして、箱型とオープンの両立を目的としたものの総称を言う。

意味は、「変換」という英単語convertに、「可能」の意味を持つibleがくっついた、convertible;変換可能。
オープンと箱型の変換が可能という意味になる。

屋根の部分は割としっかりした造りになっていて、クローズド状態を基本に考えていると言える。

カブリオレも同じ意味で使われることが多い。

BMWコンバーチブル。ゴルフカブリオレ。セリカコンバーチブル。など例は多数。

屋根の部分が金属や樹脂(幌以外のもの)で、硬く作られている場合、それらは幌のソフトトップに対し、ハードトップと呼ばれる。

日本の場合、ハードトップ=ピラーレスとかドアに窓枠がない車。という位置付けになっているが、元の意味からすると、なんだかおかしな話です。

コペン

コペンやソアラ、プジョーのCC、ベンツSLKなどの電動メタルトップも、コンバーチブルクーペと呼ぶ。

ロードスター

オープンカーの中でも、「軽量・軽快」「2シータ」という条件を満たすものの総称をいう。
今や、日本で「ロードスター」といえば、多くの人が「マツダのロードスター」の事だと思うだろうが、実は、ロードスターというのは、この手のタイプの車の「総称」であり、カローラ・RX-8といった、車の固有名詞ではない。

マツダ ロードスター

コンバーチブルとの決定的な違いは、「オープン状態」が基本であり、幌はあくまでも雨よけである。
という考え方にある。(これはロードスターに限った話ではなく、オープンカー全てに言える)

ミニバン

日本で言う「ミニバン」とは多人数が乗れるような車、3列シートの車のことを指すことが多い。本来、北アメリカでフルサイズのバンを少し小さくしたのがミニバンと呼ばれていたのが、いつの間にか日本に「ミニバン」という言葉だけ入ってきてしまった。

ニッサン エルグランド

アメリカではミニバンといっても日本ではサイズが大きい車もミニバンになる。アルファードやエルグランドのように日本では”ミニ”とは言えないくらいの大きさでも”ミニバン”なのである。

1BOX

厳密にはキャビンしかない車を指す。トヨタのハイエースがいい例です。エンジンが床下にあります。
ニッサンのエルグランドなどは1.5BOXになります。1.5というのは、キャビンが1.0で、エンジンルームが0.5で足して1.5となるわけです。

トヨタ ハイエース

SUV

SUVは「スポーツ・ユーティリティー・ビークル」の略です。日本語に訳すとスポーツ多目的車となります。クロカン4WDよりも車高を落として、オンロード性能を向上させたものがそう呼ばれています。代表的な車はレクサス RX、ニッサン、ジューク、ムラーノ、スバルのフォレスターなどです。

トヨタ FJクルーザー

ワゴン

前述のセダンの項で出てきたハッチバックセダンのことを、ステーションワゴンという言い方をすることもあるが、元々駅に人と荷物を送り迎えする目的の馬車、つまり駅馬車=ステーション・ワゴン が語源。この場合、3BOXではなく、2BOXという呼称となる。

基本的に5ドアで、荷室が車内と一体化している車をステーションワゴンと呼ぶ。代表的な車種はスバルのレヴォーグ、トヨタ カローラフィールダーなどです。

スバル レヴォーグ

イギリスではエステートとか言うようです。(イギリスじゃないけど、ボルボエステート等)


このページは、たけるさん監修の元制作されました