星座別運転傾向

北海道警察が平成12〜14年までの3年間・1433件の事故の第一当事者を星座別に分析した
資料が公表されました。それをみやすいよう一つの表にまとめたものです。
意外と当たっている!?

星 座
傾 向
 牡羊座
 3/21〜4/19生まれ
日頃からスピードを抑えて安全運転を心がけている人が多い星。
ただし、8月、11月、通勤時間帯、金曜日にはご用心
30歳代のあなたは特に注意が必要です。
一人のときは、前をよく見て運転、居眠り防止のための休息もとりましょう。
冬は、スリップ事故に注意を。
 牡牛座
 4/20〜5/20生まれ
単独事故が多く、特に郊外のカーブでは、スピードを控え、前方をよく見て安全運転を。
若い人は、特に注意してください。
同乗者との会話等に気を取られると危険です。
9月、11月、12〜18時、日曜日、火曜日、業務中、通勤中には、ご用心。
 双子座
 5/21〜6/21生まれ
高速走行での事故が最も多い星。
1月〜4月は安全運転のあなたですが、雪どけとともにスピードを好む傾向が現れます。
若い人は、特に注意が必要です。
郊外の直線、カーブでは、路外逸脱などの車両単独事故に注意し、スピードは控えめに。
16〜18時、月曜日は、要注意。
 蟹座
 6/22〜7/22生まれ
郊外での事故が多く、特に直線では、対向車線へのはみ出しに注意しましょう。
スピードは控えめに。飲酒運転は、絶対禁物。
事故件数が12星座中ワースト3位です。
特に、30〜50歳代のあなたは、安全運転を心がけてください。
7月、8月、0〜2時、8〜10時、週末は、要注意。
 獅子座
 7/23〜8/22生まれ
交差点では、特に安全運転に徹し、歩行者事故や一時不停止による出会い頭事故に気をつけてください。
若い人、高齢の方は、特に安全を心がけましょう。
同乗者がいるときは、スピードの出し過ぎに注意。
10月、11月、昼間、火曜日、業務中は要注意。
 乙女座
 8/23〜9/22生まれ
交差点では優良ドライバーのあなたも、直線道路では、脇見運転や居眠りの危険性があります。
余裕を持った運転を心がけましょう。
特に、40歳未満の人は、注意が必要です。
飲酒運転は、絶対禁物。
7月、9月、10月、夜間、金曜日、訪問目的は要注意
 天秤座
 9/23〜10/23生まれ
市街地の交差点では、安全に特に配慮し、歩行者や自転車に気をつけてください。
飲酒運転は、絶対やめましょう。
8月、10月、20〜22時、土曜日、レジャー中はご用心。
50歳代、女性ドライバーの人は、他の星座より注意が必要
 蠍座
 10/24〜11/21生まれ
12星座中、事故が最も少ない優等星ですが、飲酒運転の割合が高めなのが気にかかります。
同乗者がいる時は、ハンドル、ブレーキ操作に注意して運転を。
12月、20〜22時、月曜日、土曜日、市街地交差点では特にご用心。
冬は、スリップ事故に注意を。
 射手座
 11/22〜12/21生まれ
スピードの出し過ぎや飲酒運転などの危険な運転が気にかかる星です。歩行者にも思いやりのある運転を。
若い人は、特に安全運転を心がけて。
郊外での直線道路は、前をよく見て、スピードは控えめにしましょう。
3月、6月、10〜12時、深夜、火曜日、金曜日に気をつけて。
 山羊座
 12/22〜1/19生まれ
郊外のカーブでの車両単独事故に気をつけましょう。
スピードを控えめに。
脇見やぼんやりしていて前をよく見ていない運転での事故が12星座中、最も多い星。
事故件数が12星座中ワースト2位です。
女性ドライバーの事故もワースト1位です。
飲酒運転は、絶対禁物。
5月、11月、週末、14〜18時、20〜22時、は要注意。
 水瓶座
 1/20〜2/18生まれ
スピードの出し過ぎによる車両単独事故に注意。
30歳代の事故は、12星座中一番多く、特に安全運転を心がけましょう。
一人のときは脇見や居眠りに注意、同乗者がいるときはスピードを控えめに。
6月、12〜16時、土曜日、仕事中、ドライブ中は要注意。
 魚座
 2/19〜3/20生まれ
事故件数が12星座中ワースト1位です。
若い人、高齢の方は特に安全運転を。
郊外の単調な直線道路では、居眠りや脇見運転に充分注意しましょう。
9月、10月、14〜16時、20〜22時、月曜日が弱点です。

30歳代が危ないっていうのが多いですね。
星座占いではないので当たらない方がいいわけです。
日頃から安全運転しましょう。