レカロシート

「RECARO」の文字を見たことありますか?
レカロシートは一度使うと一生使いたくなるいいシートです。

標準のシートではいけないのか!?

シートというものは車を運転するときに必ず座るものです。必ず使うものだからこそちゃんとしたものでなければいけない。メーカーや車種によって標準のシートの座り心地や形状は大きく違います。車両価格の安い車にはそれなりのシートがついていたりします。

シートが悪いと腰やお尻が痛くなったり、峠道のようにクネクネ曲がっている道路を走っているときに体が左右にずれて不快な思いをしたりといいことはありません。また、サーキットなどでスポーツ走行をする場合は、標準のシートではホールド性が不足し自分の力を100%発揮することができません。

標準のシートが自分の体、シチュエーションに合わない場合はレカロシートに交換することを検討してみてはいかがでしょうか?

レカロシートをつける意義

バケットシートもいろいろなメーカーから発売されています。レカロスパルコBRIDEなどのメーカーや格安のノーブランド品も売っています。

ただ、ホールド性だけを求めるなら安い物でも良いと思いますが、長距離運転すると腰が痛くなったり、お尻が痛くなったりするので、それが少しでも緩和できればなと考えると、やはり選択肢は必然的にレカロになります。

レカロシートはホンダのタイプRシリーズやランエボなどにも採用されているようにとても信頼性の高いメーカーです。ホールド性はもちろんのこと、長距離運転をしても疲れにくいし、腰痛持ちの人にもやさしいといいこと尽くしのシートです。

唯一の難点は値段が高いということだけです。これは質・性能がよければ当然のことです。 レカロシートも値段がピンからキリまでありまして、安い物は私が購入した6万円台から高い物は70万円台!(PRO RACER SP-A)まであります。

RECARO ERGOMED-MVの写真

レカロシートのすごいところは、単にスポーツ走行をする人だけに開発をしているのではなく、腰痛持ちなど持病がある人のためにも症状を和らげるシートを発売しています。ERGOMED-Dなど見た目は全然バケットシートじゃないものもあります。さらに手動式エアランバーサポートというものを装備しており、腰のあたりのエアバックを内蔵してあり、それの空気量を調節して自分の腰にシートをフィットさせるといった機能もあります。

レカロシートを取り付けた、欲しいと言うだけで、「車マニア・オタク」と思う人も少なからずいます。しかし、医療用として車のシートを交換する人もいるのです。現にステップワゴンというスポーツ走行に不向きな車にレカロシートに交換したという人もいます。レカロのおかげで長距離運転も疲れないので、家族で旅行に行くのも苦にならないようです。

レカロシートの取り付け

サイドサポート写真

普段は街乗りだけなので、あまりホールド性のいいものだと乗り降りに大変なので(右写真赤丸の部分があまり高すぎると乗り降りがしにくい)適度にホールド性があって、なるべく安いものを探したところ、「SR-III TRAIL」というのが自分の希望にマッチしていました。色も黒、青、赤と選べたのもよかったです。

シートの交換をするには、車種専用のシートレールが必要となってきます。純正シートのシートレールはまず使えません。なので、シートを交換する場合はシートレールも買わなければなりません。

自分の場合、シートレールはレカロ純正のを買いました。そうそう、シートやシートレールにも車検対応があるのです。 レカロシートとシートレールがセットで売っていることもあります。(たいていのレカロシートを売っているお店ではシートレールも取り寄せがきくと思います)

レカロ純正のシートレールは1万円以上します。なぜそんなものに1万円以上も払わなければならないんだ?って思っちゃいますよね。純正の方が車検も安心だし、シートとシートレールのネジ穴がぴったりあったりするので、長い目で見てレカロ純正をおすすめします。

ちなみに、レカロ純正のシートレールは「ベースフレーム」と呼びます。

レカロシートの交換方法

SR-III TRAIL Black

シートの大まかな交換手順ですが、
1.純正シートをはずす。
2.純正シートからシートベルトアンカーをはずす。
3.レカロシートにシートベルトアンカー、シートレールをつける。
4.レカロシートを純正シートがあった位置につける。

簡単そうですよね?自分でできそうな気がしますよね?
純正シートはたいてい4本の六角ナットで固定されているのでそれらをはずし(カバーで六角ナットが隠されていることが多いです)、シートベルト警告灯が点灯するためのコードをはずしたら、あとはシートを持ち上げ、車外に出します。
(電動シートの車はそれ以外にもコードがあるので注意)

レカロシートとシートレールの取り付けは車外でしておきます。そして、純正シートからシートベルトアンカーをはずして、レカロシートに取り付けておきます。

シートレールとシートベルトアンカーがついたレカロシートを車内に入れ、純正シートがついていた場所に固定します。

取り付けにかかる時間は1〜2時間くらいです。慣れた人が作業をすると1時間以内で終わるかもしれません。

レカロシートのインプレ

ショルダーサポート写真

レカロシートのインプレですが、さすがにホールド性は純正シートよりも格段にいいです。特に自分は体が細いので純正とは雲泥の差ですね。(体が大きい人にはきついかも…)

右写真の赤丸の部分2箇所(もちろん左右にあります)で体を横Gから支えてくれます。

腰のあたりも純正シートとは全然違い、サポート感があります。シートが腰を支えてくれるのと、シートのクッションがいいので本当に疲れにくいです。嫁も最初は「こんなものに何万も…」と否定的な意見でしたが、いざ座って運転してみたら「少し乗りにくいけど、座り心地いいかも」と言っていました。

レカロの中でも安めの部類に入るものですが、「さすがレカロ」と唸らされるレベルです。高価な買い物でしたが満足です。

リクライニングがダイヤル式なので細かい角度の調節が可能なのですが、一気に背もたれを倒したいときはダイヤルだと不便です。(2ドア用に背もたれを前方に倒すことはすぐできます) まあ、頻繁に背もたれは倒さないので気になりません。

スポーツドライビングをするにはいいエンジンを積んだ車、堅い足回り、よく効くブレーキなどが必要かもしれませんが、シートも見た目以上に大事なパーツなので、エンジンをユーニングする前にシート交換を考えてみてはいかがでしょうか?

ヘッドパッド

モータースポーツ用のレカロシートには基本的に「ヘッドレスト」というものは存在しません。頭が当たる部分と背もたれが一体になっています。その頭が当たる部分と背もたれ部分の間に4点式シートベルトを通す穴が開いています。その穴の周りがプラスチックでできているのですが、座高の低い妻(身長160cm)が座ると、そこに頭が当たるというのです。

私が座るとそんなところには当たらないので盲点でした。
もし、追突などで頭を強くシートに打った場合、そのプラスチック部分におもいっきりヒットします。何とかならないか調べてみると、「ヘッドパッド」というものがありました。どんなものかは下の写真を見ていただきましょう。

レカロ ヘッドパッド

取り付けはヘッドパッドの裏がマジックテープになっているので、ただ貼り付けるだけです。好きな位置につけることが可能です。

妻にはクッション性がよくなり好評です。低反発なので信号待ちの時についついもたれかかってしまいます。

他におすすめのシート

入門用には「SR-6 シリーズ」がおすすめです。体を支えるショルダーサポート、太ももを支えるサイドサポートがしっかりしているので、スポーツ走行に最適です。

レカロ SR-6の写真

SR-7F」というモデルはショルダーサポートはありますが、サイドサポートがほとんどないので、純正シートと同様の乗降性を持ったレカロシートです。私が次にレカロシートを購入するときは、このシリーズにします。

レカロ SR-7Fの写真

LX-VF」、「LX-VS」という一見ノーマルシートっぽいレカロシートもあります。ミニバンにも最適。

レカロ LX-VSの写真