社外マフラーに交換すると
燃費は悪くなる?

いきなり結論ですが、社外マフラーに交換したからといって、燃費が悪くなることはまずありません。プラスマイナス0、もしくは少し上がるのではないかというのがわたくしの持論です(車検対応マフラーにて)。

マフラー交換するとなぜ燃費が悪くなるという噂があるのか?

マフラーを交換すると一般的に音が大きくなります。マフラーを交換しようと思っている人のほとんどは「音」を気にします。エンジンをかけたときの音、アイドリング音、加速中の音など純正マフラーとは全然違った音を奏でます。

その音に酔いしれるために、ついついアクセルを多めに踏んだり、MT車なら純正マフラーのときよりもギアを高回転まで引っ張っちゃいます。この為に燃費が悪くなってしまうのです。

純正のときはあまり1速では引っ張らなかったのが、社外マフラーに交換後、純正時よりも1000回転余分に回してしまうこともめずらしくありません。

また、マフラーを交換すると馬力・トルクが上がります。車が速くなるとついつい飛ばしたくなっちゃいます。つまりアクセルを踏みすぎるわけです。当然燃費は悪くなります。

※ターボ車はマフラーを太くすると馬力・トルクが上がりやすいですが、NA車はマフラーを太くしすぎると逆に低速トルクがダウンして、加速の時にアクセルを余分に踏まなくてはならなく、燃費の悪化につながります。

社外マフラーに交換しても交換前と同じ燃費を出すには?

交換前と同じように運転することです。マフラーを交換すれば、普通に加速するだけでも純正とは違った音を楽しむことはできるはずです。

マフラーを交換したことによって馬力・トルクが上がれば、アクセルの踏み加減が小さくても純正のときみたいな走りができるので、むしろ燃費が上がるかもしれません。
また、オールステンレスやチタンなどの材質は軽量化にもつながるので燃費にもいいはずです。

社外マフラー参考写真

純正マフラー

出来のいい純正マフラーです

コペン(ダイハツ) 660cc・ターボ、5速MT

純正マフラーでの燃費は平均リッター約14km/lくらいでした。
最高燃費は16.9km/l、最低燃費は12.8kkm/lでした。

純正なので音は当然静かです。エンジンブレーキをかけたときは少し低音が響いた、純正にしてはいいマフラーです。

社外マフラー

エンブレ時はうるさいです

D-Sport スポーツマフラー
出口:89.1ø
近接排気音:94db
オールステンレス、保安基準適合

アクセルを少し踏んだだけでも豪快な音がします。静かとは言えないマフラーの部類に入ると思います。

マフラー交換後の燃費は約14km/lです。トルクが上がった感じがするので発進時が楽です。

参考写真2

純正マフラー

写真悪くてごめんなさい
赤丸位置がマフラー出口です。

レビン(トヨタ) 形式:AE101、1600cc・NA、5速MT

アイドリング音:66db
近接排気音:85db

音は静かです。エンジンのほうがうるさくて何も聞こえてきません。

燃費はリッター11〜12km/lくらいでした。

社外マフラー

いいマフラーでした

FUJITSUBO NewレガリスR
出口:90ø
アイドリング音:65db
近接排気音:90db
オールステンレス、JASMA認定

アイドリングは純正よりも静かでした。
エンジンを回しても適度な低音が響いて、ジェントルなマフラーでした。

中速のトルクがアップした感じがしました。マフラー交換後の燃費は約11〜12km/lくらいでした。最高燃費は14km/l超、最低は9km/l。特に燃費が悪くなったということはありませんでした。

 

※各音量はメーカー発表のものです。実車にて実際に測定したわけではありません。