水抜き剤とは?必要なもの?

有人のガソリンスタンドに行くと、「水抜き剤をお入れしましょうか?」と言われたことはありませんか?
そもそも、水抜き剤とはどういうものなのでしょうか。簡単に説明します。

水抜き剤は効果があるのか

ガソリンスタンド、カー用品店やホームセンターなどで売られている水抜き剤の主成分はイソプロピルアルコールです。このイソプロピルアルコールは、水分を溶かし込む作用があります。

ガソリンに水を入れると分離してしまう。水はガソリンよりも比重が重いため、ガソリンタンクの底に沈殿していきます。水抜き剤をガソリンタンクに入れると水とガソリンが混ざるような状態になり、ガソリンタンク内に混入していた水分をガソリンと共にエンジンに送り燃焼させてしまうというのが水抜き剤の役割になります。

なぜガソリンタンクに水が溜まってしまうのか?

ガソリンタンクに満タンのガソリンが入っているときは問題はありません。
しかし、ガソリンが減ってきたり、常に満タン給油しない場合は、ガソリンタンク内にガソリンと空気が入っている状態になっています。その空気中に含まれている水分が夜に冷え込んだりした場合、結露となってガソリンタンク内に溜まっていくのです。住宅でも冬は外気温と内気温の差が激しいと窓が結露しますよね。それと同じことがガソリンタンクでも起きて壁面に水滴がつくのです。

金属製のガソリンタンクだとその水滴が原因で錆が発生し、いつかガソリンタンクに穴が空くかもしれないということで、水抜き剤を入れなければならないのではと考える理由です。しかし、今時のガソリンタンクは内壁に錆止め加工が施されているので、そうそう錆がひどくなってガソリンタンクに穴が空くことは少ないでしょう。
当然、樹脂製のガソリンタンクであれば錆の心配はありません。

水抜き剤に対するメーカーの見解

車雑誌「ベストカー」の取材でメーカー関係者の興味深い発言が載っていたので紹介します。

タンクの耐久性という意味では錆び止め加工の進化や樹脂製タンクの登場によってほぼ問題ないと思います。ただ、昔の車は気温が高いときにガソリンタンクの水分が気泡になって、その気泡がインジェクターに入ってしまうと、パーコレーション(ガソリンが気化して噴き出すこと)を起こしてしまうことがよくあったのです。その対策として販売されている訳ですよね。 ただ、私自身も水抜き剤を今まで入れた経験は一度もないんですけどね。

なるほど。話をまとめると、現在の車にはほぼ水抜き剤の必要はないということになりますね。
ただ、水抜き剤を入れて悪いものではないので、たまに愛車に入れてあげるのはいいかもしれませんね。ちなみに、水抜き剤を入れるタイミングはガソリンを満タンにした時に1本全部入れます。

ガソリンスタンドで勧められる水抜き剤は高いので、カー用品店やホームセンターで買って自分で入れましょう。ただ、ガソリン給油口から入れるだけです。私が水抜き剤を使う時は、いつもKURE(呉工業)のフュエルシステム ガストリートメントを入れています。

ガソリンスタンドの店員に「ガソリンタンク内に水が溜まっていますよ」と言われたら、「どうしてわかるんだい?」と聞いてあげてください(笑)

クルマ何でも掲示板 参考記事
水抜き剤について 1水抜き剤について 2


参考文献:ベストカー 2008/10/26号