初心者のための運転テクニック

免許を取得したばかりの人、現在自動車学校に通っている人など参考にしてください。
事故を起こしてからでは遅いので…。

車間距離

 車間は距離ではなく、時間で測る。これは車速に関係なく最低2秒間が目安。前の車が前方の橋やポールなどを通過したときにゆっくり「ゼロ、イチ…」と数え始め、このときに自分の車がそこを通ればOK。

 これで常に運転中の危険回避に必要な2秒間の車間を確保できる。 高速道路では車間距離の目安になる看板があるので、その看板が見えたら前走車との距離を測る。自分が100km/hで走っていたら最低100mの車間距離が必要だ。

濡れた路面

 ハンドルが急に軽くなって、車がスーッとセンターラインに寄るなどしたら、それはハイドロプレーニング現象。 このときは車を向けたい方向に微妙にハンドルを切り、グリップの回復を待つ。ハンドルを切りすぎるとスピンの原因となる。この時、あまりアクセル・ブレーキを強く踏まないこと。

カーブ

 カーブでは手前ばかりを見ずに意識してカーブの先を見るようにすると安定します。また、カーブの手前で減速し、コーナーリング中は一定のスピードで走るようにする。車体が完全にコーナーの出口を向いたらアクセルを踏んでよい。

追い越し

 追い越し車線に入ってから加速していると、後続車に追いつかれて追突される危険がある。 まず走行車線で加速してから追い越し車線に入り、追越した車をミラーで確認してから走行車線に戻る。馬力のある車だとすぐ加速できるが、非力な車はなかなか加速ができないので、余裕を持った追い越しを心がける。時にはアクセルを床まで踏み込むことも重要。

 大雨が降ってきたら、昼間でもヘッドライトをON。自分では見えているつもりでも、予想以上に周りが暗くなっているのでヘッドライトは他車からの視認性を格段にあげる。

 大雨・大雪のときに、黄色のフォグランプが付いている車はフォグを点けたほうがよい。

故障

 車に異常を感じたらできるだけ左側に寄せてハザードランプをつける。夜間はルームランプもつけておく。三角表示板を車の100mくらい後方に置く。追突される危険を考えて、車の近くでうろうろしないこと。もちろん三角表示板を置きに行くときも注意する。三角表示板は1000円も出せば買える。

渋滞

 渋滞時の事故で多いのは、渋滞最後尾への追突。前方に渋滞を発見したら、前車との車間を充分にあけるようにスピードを調整し、後続車の減速を確認してから渋滞の最後に並ぶようにする。これで後ろから追突される不安は解消される。

 高速道路で前走車がいきなりハザードランプを点灯させたら、それは渋滞のお知らせの可能性が高い。自分も後続車に知らせるためにハザードを出しながら減速しよう。

トンネル

 トンネル内ではヘッドライトをつける。暗い中では自車を周りから確認してもらうには、スモールライトでは不十分。ヘッドライトは入る前につけて、出てから消す。これでトンネル内ではハンドル操作に専念できる。また壁が近くスピード感が増すが急に速度を落とすと渋滞の原因になる。

対向車からパッシングをされることがあったら、ヘッドライトがついていないか確認しよう。トンネルで点灯したのを消し忘れて走行していることがあるからだ。

 

-参考文献-
中日スポーツ 2001年11月10日(土)10面