新車購入にかかる諸費用

車を購入するときに払うお金は、車本体の価格だけでは済みません。車本体以外のお金がどのくらいかかるか、ホンダ フィット(1300cc)、ホンダ S2000(2200cc)、スズキ ワゴンR(660cc)を例に挙げて見ていきましょう。

フィットを購入する時の例


ホンダ フィット 1.3W(1300cc) 4月購入の場合
車両本体価格
1,302,000円
値引き
オプション計
税金・保険料
自動車税(4〜3月)
31,600円
自動車取得税
40,800円
自動車重量税
37,800円
自賠責保険料(37ヶ月)
44,190円
販売諸費用
車庫証明代行費用
13,125円
検査登録届出代行費用
18,480円
納車費用
預かり法定費用
車庫証明
2,500円
検査・登録・届出
3,240円
リサイクル法関連費用
10,810円
諸費用計
202,545円

簡単にそれぞれの項目について説明していきます。

自動車税について

車の排気量に応じて、都道府県から課税される税金です。

総排気量
自家用年税額
〜1000cc
29,500円
1001〜1500cc
34,500円
1501〜2000cc
39,500円
2001〜2500cc
45,000円
2501〜3000cc
51,000円
3001〜3500cc
58,000円
3501〜4000cc
66,500円
4001〜4500cc
76,500円
4501〜6000cc
88,000円
6001cc〜
111,000円
軽自動車
一律7,200円
・愛知県での例です。
・ロータリーエンジンの場合は総容積x1.5の値を総排気量とする。

購入時期により自動車税の額は変わります(次の3月までの額になるため)。つまり、4月に車を購入すると購入時に満額払わなければならないが、2月に購入すると1ヶ月分だけ購入時に支払うことになります。

車を登録している限り毎年5月くらいに請求されます。

低排出ガス車、燃費基準達成車は一定期間軽減措置があります(例のフィットは軽減されています)。

自動車取得税について

車を取得するときにかかる税金(都道府県税)です。普通車では取得価格の 5% です。
軽自動車ではその 3% となります。

低排出ガス車、燃費基準達成車は一定期間軽減措置があります(例のフィットは軽減されています)。

車購入時のみ払う税金です。

自動車重量税について

車の重量に応じて課税(国税)されます。以後、車検ごと(2年分)に払います。

重量
3年分の税
〜500kg
18,900円
501〜1000kg
37,800円
1001〜1500kg
56,700円
1501〜2000kg
75,600円
2001〜2500kg
94,500円
軽自動車
一律13,200円

今回例に挙げたフィット 1300ccだと車両重量がギリギリ1000kgですので、37,800円なのですが、もしオプションでサンルーフをつけると車両重量が1020kgとなり56,700円払わなければならなくなります。
このように同じ車でもオプションやグレードによって重量が変わり、自動車重量税も変わる場合があります。

自賠責保険について

強制保険です。車検ごとに払うので、新車購入時は3年分払うことになります。

車庫証明代行費用について

ディーラーが購入者に代わって車庫証明を取ってきてくれる際の手数料です。
自分で車庫証明を取ってくる場合は、この費用は節約できます。

検査登録届出代行費用について

ディーラーが購入者に代わってナンバー取得など行ってくれる際の手数料です。

納車費用について

納車の際に、ディーラーから自宅や職場まで車を届けてくれる際の費用です。
ディーラーに自分で取りに行く場合は必要ありません。

預かり法定費用について

車庫証明、ナンバー登録など各種届け出に必要な登録・印紙代などです。これは節約できません。

リサイクル法関連費用は車種により価格が変わってきます。

S2000を購入する時の例


ホンダ S2000 (2200cc) 4月購入の場合
車両本体価格
3,780,000円
値引き
オプション計
税金・保険料
自動車税(4〜3月)
45,000円
自動車取得税
162,000円
自動車重量税
56,700円
自賠責保険料(37ヶ月)
44,190円
販売諸費用
車庫証明代行費用
13,125円
検査登録届出代行費用
18,480円
納車費用
預かり法定費用
車庫証明
2,500円
検査・登録・届出
3,240円
リサイクル法関連費用
11,980円
諸費用計
357,215円

 

軽自動車 ワゴンRを購入する時の例


スズキ ワゴンR (660cc)
車両本体価格
1,013,250円
値引き
オプション計
税金・保険料
自動車税
0円(次年度に7,200円)
自動車取得税
26,000円
自動車重量税
13,200円
自賠責保険料(37ヶ月)
35,340円
販売諸費用
検査登録届出代行費用等
50,000円
納車費用
預かり法定費用
車庫証明
0円(地域により必要になる)
リサイクル法関連費用
9,580円
諸費用計
134,120円

 

まとめ

フィットでは諸費用が約202,000円、S2000では約357,000円とその差 155,000円です。原付1台買えますね(笑) 車両価格や排気量など上がるとその分諸費用にも響いてきます。

例に出したフィットのグレードは車重がちょうど1000kgということと、「低排出ガス車認定75%低減レベル」と「燃費基準+20%以上達成車」の自動車税と取得税の軽減があったので諸費用が約20万円となりました。他の同クラスの車の場合はあと数万円高くなると思ってください。

もう一つ例に出した軽自動車のワゴンRも諸費用が約13万円と安くなっていますが、車庫証明が必要な場合(お住まいの市町村によっては軽でも車庫証明が必要になることがあります)やオプションで車両価格が上がった場合など、もう少し諸費用計が高くなる場合があります。

新車を買う時に諸費用の細かい計算なんて考えたくない人は・・・
 ・軽自動車・・・諸費用は20万円以内
 ・200万円くらいの普通車・・・諸費用は30万円くらい
と、だいたい多めに考えて予算を組んでおくといいでしょう。

その他、任意保険料代がかかる場合もあるのでお気をつけください。

しかし何で自動車取得税なんてもんが存在するんだ。消費税だけで十分だよ・・・。

(注)
各金額は参考にお願いします。
法律の変更により税額等変更された場合、上記金額と異なる場合があります。ご了承ください。