サーモスタット交換にかかる費用

たまにある「サーモスタット」のトラブルによる交換費用について書いていきます。

サーモスタットとは何か?

最近の車のエンジンは水でエンジンを冷やす水冷式です。その水温が高くなるとエンジンをしっかり冷却できなくなり、オーバーヒートの原因になってしまいます。それを防ぐために水温が高くなるとサーモスタットが開き、冷却水が循環をはじめ冷やすということになります。

オーバークールについて

オーバーヒートというのはエンジンが熱くなりすぎて悲鳴をあげることですが、その逆でオーバークールという症状があります。これはエンジンが冷えすぎるということです。オーバーヒートは水温計が正常の位置よりも高くなりますが、オーバークールは長い時間走っていてもなかなか水温計が正常の位置にこないです。これはサーモスタットが開きっぱなしになっていて、常に冷却水が循環している状態なのでエンジンが必要以上に冷えてしまっているというわけです。当然、冷えすぎもエンジンにはよくありません。

オーバークールの状態だと、アイドリングが高いので燃費も悪化します。また、暖房が効かなくなるといった症状も出てきます。

これらを読んでわかるかと思いますが、オーバークールによい点はありません。あえてよい点を探すならば、夏はオーバーヒートしにくいということくらいです。なので、オーバークールは寒くなってくると症状がわかりやすいです。

交換費用

さて、サーモスタット交換の費用ですが、トヨタディーラーで交換した場合の一例を挙げておきます。当然、車種や各店によって詳細な値段は変わりますので、あくまで参考程度にしておいてください。ちなみに車はAE101レビンGT-APEXの場合です。

部 品 等 金 額
サーモスタット取替え(技術料) 6,300円
ウオーター インレット ガスケット 360円
サーモスタット 1,570円
アウトレット ガスケット 170円
ロングライフクーラント ×2 2,600円
0 リング 130円
合  計 11,130円※税抜き

まず目に付くのが技術料(工賃)です。わりと高めです。工賃を安くしたい人は民間の整備工場をおすすめします。サーモスタット自体の値段は安いですから、1万円以内で済ませれるかと思います。

サーモスタットを交換するときはクーラントを抜きます。なので新しいクーラントを入れたほうがいいと思います。クーラントのほうがサーモスタットよりも高いというのには少し驚きました。

※訪問者(彩人さん、愛車=インテグラ タイプR)から以下のメールをいただきました。参考にしてください。

-----
俺もサーモスタット交換したことありますが、参考までに工賃を書こうとと思います。
サーモスタットの値段が1700円、抜けた分のラジエター液の補充が700円、交換工賃が4200円で、合計6600円 税込み6930円でした。
-----

サーモスタット交換後

サーモスタットの動きが正常になりましたので、水温の温まりがよくなりました。寒い中スピードを出しても全然冷えなくなりました。オーバークールの症状が出ましたらすぐサーモスタットは交換したほうがいいですね。

(注)
車はAE101カローラ・レビンGT-APEX(1600cc)でトヨタディーラーで作業をしてもらいました。
他の車種、他のディーラー・整備工場などで値段は変わってきますのでご注意ください。