オイル交換の時期・頻度

車のオイルは、よく言われる5000km走行に1回のペースで交換しないといけないのか?

NA車は5000kmごと、ターボ車は3000kmごとに交換?

オートバックスやイエローハットなどの車用品店、ガソリンスタンド、オイルの広告など、NA車は5000kmごと、ターボ車は3000kmごとにオイルを交換するといい言われたり、書かれていたりします。
これはいいと言われればいいですし、嘘と言われれば嘘になります。その頻度でオイル交換しても悪いことは、お金がどんどん吹っ飛んでいくだけです。

カムシャフト参考画像

10000kmごとにオイル交換した車と、5000kmごとにオイル交換した車では、オイルフィラーキャップから見えるカムシャフトの色が異なるらしい。10000km走行ごとにオイル交換していた車は茶褐色になっているが、5000kmごとに交換していた車だとカムシャフトは地の色のままという。この話を聞くだけで、やっぱり5000kmごとに交換したほうがいいじゃんということになります。

自動車メーカー各社のエンジンオイル交換時期は?

車メーカーが推奨しているオイル交換の頻度はどのくらいか見ていきましょう。

自動車メーカー各社のエンジンオイル交換推奨時期と走行距離
  標準 シビアコンディション
トヨタ
NA車 15,000kmまたは12ヶ月 7,500kmまたは6ヵ月
ターボ車 5,000kmまたは6ヶ月 2,500kmまたは3ヶ月
ニッサン
NA車 15,000kmまたは12ヶ月 7,500kmまたは6ヵ月
ターボ車 10,000kmまたは6ヶ月 5,000kmまたは6ヶ月
GT-R 3,000kmまたは6ヶ月 1,500kmまたは3ヶ月
ホンダ
フリード、
ステップワゴンなど
15,000kmまたは12ヶ月 7,500kmまたは6ヵ月
インスパイア、
エリシオンなど
10,000kmまたは6ヶ月 6,000kmまたは6ヶ月
マツダ
NA車 15,000kmまたは12ヶ月 7,500kmまたは6ヵ月
ミツビシ
NA車 15,000kmまたは12ヶ月 7,500kmまたは6ヵ月
ターボ車 5,000kmまたは6ヶ月 2,500kmまたは3ヶ月
スバル
レガシィ(4気筒) 10,000kmまたは6ヶ月 5,000kmまたは6ヶ月
レガシィ(6気筒) 5,000kmまたは6ヶ月 2,500kmまたは3ヶ月
スズキ
NA車 15,000kmまたは12ヶ月 7,500kmまたは6ヵ月
ターボ車 5,000kmまたは6ヶ月 2,500kmまたは3ヶ月
ダイハツ
NA車 10,000kmまたは6ヶ月 5,000kmまたは3ヶ月
ターボ車 5,000kmまたは6ヶ月 2,500kmまたは3ヶ月

上記はあくまで例なので、愛車に説明書がある方は、一度目を通してほしいです。
NA車だと意外にオイル交換頻度は少なくてもいいのです。もちろん、オイル交換2回に1回の頻度でエレメント(オイルフィルター)を交換してくださいね。

シビアコンディションとは

シビアコンディションというのは、高速道路やサーキットなどで常に全開走行していることだけではありません。次の条件下での走行もシビアコンディションとなります。

エンジンを高回転キープで走り続けているのもよくないが、またその逆の、低回転ばかり、エンジンが暖まる前の状態でエンジンOFFが多い運転もシビアコンディションになるのです。

走行距離が短いからといってオイルが汚れないということはない

高回転を常用している車好きは、早め早めのオイル交換を行っていることが多いですが、ちょっとした買い物など短距離走行がメインの方は、たいして距離が走っていないからオイルは痛んでいないだろうと思いそうですが、実は違うのです。

Mobil1オイル写真

エンジンが温まりきらないうちにエンジンOFFをしてしまうと、ガソリン噴射量が多く、オイルにガソリンが混入する可能性が高くなるそうです。オイルにガソリンが混じると劣化が早くなります。

チョイ乗りばかりする方は、走行距離にこだわらず、一般的なNA車なら6ヵ月ごと、ターボ車なら3ヶ月ごと(実際はつらいと思いますので、最低でも6ヵ月ごと)の頻度でオイル交換をしたいですね。

高いオイルの方が長持ちするの?

すべての高いオイルが長持ちするわけではありません。エンジン性能に影響するオイルもありますし、長寿命をうたっているオイルもあります。ただ、実際に長寿命をうたっているオイルを試したことがないので、本当にオイル交換頻度が減るかどうかは不明です。

ロータリーエンジンなど特殊エンジンのオイル

RX-7やRX-8などロータリーエンジンは、ガソリンエンジンと違い、シリンダーの気密性を高めるためにシリンダー内にオイルを噴射している。このためにロータリーエンジン車はオイルの減りが早い。
ロータリーエンジン対応ではないオイルを使用すると、エンジンオイルの製造時に使われる添加剤が部品を痛めつけ、エンジンがダメージを受けてしまうので、必ずロータリーエンジン対応エンジンオイルを使用するようにしましょう。

ロータリーエンジン以外にもオイルの銘柄を気にしなくてはいけないエンジンがあるので、特殊なエンジンの車に乗っている方は気をつけてください。

夏と冬でオイルの粘度は変えたほうがいい?

現在のオイルは進化しているので、特に季節によって粘度を変える必要はあまりないそうです。

ちなみに粘度を変える場合。
例えば、10W-40が指定の車だと、夏は10W-50、冬は0W-40のオイルに交換するといいでしょう。
そうすることにより、夏場は少々温度が高くなっても安心だし、冬場は寒くても始動性がよくなります。
すべての季節に対応させるために、0W-50というのもひとつの手ですが、オイル代が高そうです。

粘度を変える際に、やってはいけないことは、上の例でいくと、0W-30にすることです。低温に強くても高温に弱くなり本来のエンジン性能が発揮できません。エンジンごとに純正オイルの指定粘度は決まっていますので必ず覚えておいてください。


参考文献:ベストカー 2008/1/10号、2008/11/10号