車に関する素朴な疑問

車に関する素朴な疑問を載せていきます。
何か車に関して素朴な疑問をお持ちの方は掲示板に書き込んでください。

車に長期間乗らないときはどうすればいい?

以前は標準的なマイカーが1年間に走行する距離は約1万kmと言われたものです。しかし、休日にしかハンドルを握らない人も多いためか、最近は年間7000km程度が平均的なマイカーの走行距離となっているようです。

 せいぜい週に1度くらいしか乗らないような車は走行距離こそ伸びないものの、かえってコンディションを崩しやすいのです。さらに長期間乗らないのならば、車をほかっておくわけには行きません。そのままほかっておくと、車は確実に機械としての機能を失っていきます。

参考写真:TRUST グレックス 大容量オイルパンキット (注)チューニングパーツです

エンジンを停止してから1ヶ月経過すると、エンジン内部のオイルは完全にオイルパンに落ちきってしまいます。3ヶ月経過するとエンジン内部をコーティングしていた油膜も失われ、ムービングパーツ表面が腐食してしまうのです。さらに燃料系統に残っている燃料が劣化することで、燃料ホースなどが詰まったりしますし、バッテリーも弱ってきます。タイヤや足回りなどのゴムブーツも、車を動かさなければ加水分解してボロボロに劣化してしまいます。動かさないということは、結果的に車の寿命を縮めてしますことでもあるのです。

 したがって、車に乗らない場合でも、1週間に1度はエンジンをかけ、1ヶ月に1度は動かしてやるようにしましょう。エンジンの各部にオイルを回し、燃料系統を洗浄してバッテリーを充電してやるのです。

 短時間のアイドリングだけでは、マフラーにも十分に温まらず、サイレンサーの内部に水分がたまって腐食の原因になってしまいますし、燃焼室付近にカーボンも付着しやすくなります。

 車を走らせるほど時間がないというなら、せめて十分な暖気をしてから、空ぶかししてマフラー内の水分を追い出してやりましょう。


 実は私もサンデードライバー(笑)平日はあまり車に乗る暇がありません。だからといって、平日は車を動かさないといったわけではありません。少しでも車を動かす時間があったら、10分でも乗ります。月〜金まで動かさないより、水曜日くらいに近くのコンビニに遠回りして行くくらいは車を動かした方がいいと思うからです。

 毎日のように動いている車は水温の上がりが早いですが、たまにしか乗らない車は水温の上がりがとても遅いです。これは毎日動いている車とたまにしか動かない車の一つの違いです。

スペアータイヤの正しい装着方法は

最近の車はスペアタイヤに標準サイズではなく、スペース性に優れて軽量なテンパータイヤを採用している場合が多いと思います。このタイヤは極端に細い形をしているので、使用する際にはちょっとした注意が必要です。

 それは、パンクしたタイヤの場所に限らず、テンパータイヤは非駆動輪に装着するということです。FF車でフロントタイヤがパンクしたら、リヤタイヤをフロントに装着し、テンパータイヤはリヤタイヤに装着しなくてはいけません。標準タイヤに比べてグリップが低いため、エンジンのパワーに負けてスリップしやすいからです。

 テンパータイヤはあくまで非常用なので、パンクしたら速やかに標準タイヤのパンク修理を施して、元に戻すことです。数日間もテンパータイヤで走行しつづけるドライバーもいますが、長期間の走行はテンパータイヤには負担が大きすぎます。

 また、細いタイヤなので、空気圧にもシビアですから、トランクルーム内のテンパータイヤの空気圧をたまにはチェックしましょう。


 私も一度左前のタイヤをパンクしたことあります。愛車はFF車なので、めんどくさいけど後輪を前に持ってきて、スペアを後ろにつけました。スピードを出さなければ駆動輪にスペアタイヤをつけても走行はできますが、なるべく駆動輪に装着しましょう。

 もちろん、FR・MR・RR車は前輪にスペアタイヤで、4WD車はその車がFFベースかFRベースかで変わってきます。

室内のにおいを消すには?

車内の悪臭は、汚れと密接な関係があります。汚れそのものが悪臭を発しているか、汚れを微生物や細菌が分解して悪臭を放っているかのどちらかなのです。

 したがって、悪臭を解消したいなら、まずは車内をきれいに掃除することです。タバコのヤニやペットの体臭や尿などによる臭いは、車内を住宅用洗剤などで拭き洗いしてから十分に乾燥させます。これはできるだけ早いうちに行うことが大事です。

 それでも手が入らないところはありますし、完全に汚れや臭いが除去されるわけではないので、そこから先は消臭剤を使い、室内を隈なく消臭してやるのです。脱臭剤も車用のものが市販されており、即効性は別として結構効果が高いものです。

 これまでの作業を徹底的に行えば、臭いはかなり薄まるはずです。エアコン作動時に嫌なにおいがするようなら、エアコン内部にカビが発生している証拠です。こうなると素人の手には負えなくなります。車内はこまめに清掃してやるのが理想なのです。


 中古車とかだと前のオーナーのにおいが残っていることがあります。消臭剤などでもにおいが消えなければ、プロに車内をクリーニングしてもらうしかないですね。

高速道路の非常電話、どう使うの?

高速道路上はサービスエリアでなければガソリンスタンドはありませんし、インターチェンジで一般道に降りなければ民間の自動車修理工場やディーラーに行くことができません。ですから突然のトラブルで車が走行不能になった場合は、高速道路上で立ち往生してしまうことになってしまいます。

 こんな時のために、また交通事故や災害時など緊急事態のために、高速道路上には一定間隔で非常電話が設置されています。万一、故障などで車を路側帯に停止させたら、後続車両などに注意しながら路側帯を歩いて非常電話まで行くことになるでしょう。その時、車の前方後方のどちらの方向にある非常電話が近いのかは、路側帯に設置されている案内標識を見て判断するしかありません。

 非常電話本体の機種は3種類あります。受話器を取るだけで係員が応対する直通式と、ダイヤル式、押しボタン式。多くは直通式で、係員に故障か事故かを告げて警察やJAFなどにつないでもらいます。ダイヤル式は電話に必要な電話番号が記されているので、そこへダイヤルします。押しボタン式は「警察」と「故障」、その他の緊急用にある「公団」のボタンのどれかを選んで押せば担当者が応答してくれます。

 最近は携帯電話の普及率もずいぶんと高まりました。警察やJAFを呼ぶなら車内の携帯電話からのほうが安全でしょう。ちなみにJAFへの通話は有料ですが、警察への緊急電話は携帯電話でも無料です。


 路側帯に車を停止させたら、後続車両に気をつけて三角停止板を車の30メートルくらい後ろに置きましょう。また、追突の恐れがあるので、あまり車内で待たない方がいいらしいです。こういうときはとにかく2次災害を防がねばなりません。

高速道路の通行券を紛失したらどうなる?

もし、通行券を紛失してしまったら、出口の料金所では、その料金所での最高額となる通行料金を徴収される場合もあり得ます。

 ですから万が一、通行券を紛失してしまったら、料金所で事情を話し、利用区間を証明しなくてはなりません。自宅の住所や会社などが比較的近く、そこからの利用であれば証明もしやすいですが、行楽地などへのドライブや友人知人の家を訪問した帰りなどは証明が難しくなります。目的地で駐車場や飲食店のレシートなどがあれば、それを見せて信じてもらうしかありません。

 全国の高速道路網もかなり整備されてきて、いわゆる日本を縦断する高速道路意外に、高速道路同士を結ぶ横断型の高速道路も増えてきました。このジャンクション(JCT)によって結ばれた高速道路2路線を利用した場合、証明するのはさらに難しくなります。最終的には誠実な態度で説明して、認めれもらうしかないでしょう。また、認めてもらっても通行券を紛失した場合は事務的な手続きが必要になります。

 紛失を防止する手段としては、毎回決められた場所に通行券を保管することと、サービスエリアなどで休憩する場合にも絶対に車外に持ち出さないことです。


高速道路に乗る日は、レシートは捨てずに取っておくのがいいのでしょうか!?

料金所でお金が足りないとどうなる?

ドライブに出かけて、高速道路に入ってから財布を忘れたことに気がついた。また、ドライブ先で財布を紛失したことを高速道路の料金所で気がついたり、財布があっても持ち合わせが足りない、なんてことも現実にありえる話です。なかには免許取り立てで、財布を持たずに運転し、知らぬ間に高速道路に乗り入れていた、なんてドライバーもいるかもしれません。

 実は料金所で正直に訳を話せば、後日支払うことにしてもらえるのです。日本道路公団(JH)によれば、料金所の係員にその旨を申し出れば、料金所に隣接された事務所で所定の事務手続きがあるそうです。免許証などで身分を証明したら、料金未払いの覚え書きなどを書きます。通行料金は、後日支払うことになるのですが、これはその時に使用した料金所でなくてもかまわないそうです。自宅などから最寄のJHの料金所の事務室に行って、未払いの料金を支払えばいいということです。

 もっとも、一番いいのはドライブの時はクレジットカードを持っていくようにしたり、ハイウエイカードを車に常備したりして、事態を予防することでしょう。


裏話ですが、そのまま料金を支払わない人がそこそこいるそうです。

トンネル前のAMラジオの標識って何?

高速道路のトンネル区間では、基本的にはラジオは入らなくなってしまいます。電波は土中では通じないので、出入り口付近以外では届かないからです。

 しかし長いトンネルでは、逆にラジオが使える場合もあります。と言っても一般的な放送局のラジオ番組が聞けるということではなく、道路情報や日本道路公団などが提供する情報を聞くことができるのです。

 見通しの悪いトンネルでは、出口の先で何が起こっているのかを判断しがたいものです。交通事故などおきているようものなら、多重衝突に発展してしまうこともあります。トンネル内のAMラジオ放送は、そういった緊急時にも対応しており、事故などがあったとき即座に放送を切り替えて、ドライバーに注意を促すために用意されているのです。

 ですから高速道路を走行する場合は、交通情報を受信する以外に、トンネル区間でもAMラジオに切り替えて緊急放送に備えましょう。このようなトンネルの入口付近に「AMラジオ」の案内表示があるのです。

 なお、トンネル内のAMラジオ放送は、ラジオの周波数を合わせる必要はなく、AMラジオをオンにしていれば自動的に受信します。


トンネル内のAMラジオ放送は周波数を合わせる必要がないこと知ってました?私は知らなかったです(笑)

フォグランプの常時点灯は法律上大丈夫?

上級車種ならば、標準でフォグランプを装着している車など、今や珍しくありませんし、後付けのフォグランプ、ドライビングランプをバンパー下やスポイラー部分に装着している車も多いようです。

フォグランプ参考写真

そのためか、意味もなく夜間フォグランプを点灯させているドライバーをよく見かけます。本人はヘッドライトとのコンビネーションできらびやかなフロントマスクを演出しているつもりなのでしょうが、周囲のドライバーはたまったものではありません。

 法律上罰せられることはありませんが、やたらと光が拡散するフォグランプは、前方を走る車、対向車のドライバーを幻惑する迷惑なシロモノです。なかにはヘッドライトを点灯せず、フォグランプだけを点灯させて走っているドライバーもいます。

 また、通常の夜間走行ではリヤフォグランプも、後続のドライバーにとってはまぶしいだけです。

 基本的にフォグランプなどの補助灯は、霧や雨などの悪天候時に用いる物です。そうはいっても、周りに車がいないような状況で、街灯のない郊外や峠道など視界の悪い所を走る場合には、補助灯を活用するべきです。

 フォグランプは左右に大きく光が広がる配光特性となっていますから、コーナーの先まで見通すために点灯した方が良いでしょう。ただし、それほど遠くまで光は届きません。最も遠くまで照らしてくれるのはスポットランプですが、こちらは逆に広がりがありません。

 昔はフォグランプとスポットランプを片方ずつ組み合わせて使っていたものですが、最近はフォグとスポットの中間の配光特性をもつドライビングランプも増えてきました。これはヘッドライトと似た配光です。フォグにするかドライビングにするか、使い道を考えてチョイスするようにしましょう。


 フォグランプの色で多い黄色は、本来、雪や霧、豪雨の中でも対向車からわかりやすくするためです。

フロントナンバーの位置を動かすと違反になる?

公道を走る自動車には、すべてナンバープレートが装着されています。しかし乗用車やトラック、バスなど4輪車はすべて前後にナンバープレートを備えているのに対して、オートバイはリヤにのみナンバープレートが装着されています。

 このことから、お上はフロントよりリヤのナンバープレートを重視していることがわかるでしょう。車にしても、リヤのナンバープレートは封印して取り外せないようにしているのに対し、フロントは単なるボルト止めです。だから脱着も簡単にできます。

 だからといって、フロントのナンバープレートを装着しないのは、道路運送車両法で禁じられていることなのです。法律上、ナンバープレートの形状や文字の大きさなどは厳しく決められていますが、フロント、リヤともに見やすい位置に確実に取り付けること、という規定になっています。

ナンバープレートが正面にない例

封印されているリヤは簡単に動かすことはできませんが、フロントのナンバープレートは、登録後でもかなり自由に位置を変更できます。ただし常識的な範囲で、かつ確実に取り付けられていなければいけないので、ルーフやボンネットに取り付けるわけにはいきません。実際には従来取り付けられている位置から、左右や上下にずらす程度の変更しかできないでしょう。


封印は一度取ってしまうと、2度とつけれませんので絶対取らないようにしましょう。封印がないまま走っていると、必ず警察に止められますよ(盗難車と間違われるため)。

ライトを上向きにして走ると違反?

夜間、街灯の少ない道路を走るときには、視界を確保するためにヘッドライトの配光を上向きにすることがあります。いわゆるハイビームに切り替えれば、かなり遠くまでライトの光が届いて、安全なドライブができるようになります。しかし、実際のないとドライブでは、ヘッドライトを上向きにしたまま走行しつづけることはできません。

HID

というのは、上向きのヘッドライト光は、運転しているドライバーには有難い明かりであっても、対向車や先を走るドライバーにとっては、迷惑この上ないまぶしい光だからです。ライトが上向きのままで走り続けていると、対向車からパッシングを受けたり、同じくハイビームにされたり、注意と抗議の意思表示が送られてくることでしょう。

 ヘッドライトの光でドライバーの目が幻惑されてしまうと非常に危険です。まぶしさのために一瞬、視力を失った状態になります。幻惑されたドライバーが普通の視力を回復するまでには、3〜10秒かかるといわれています。交通状況によっては、対向車と接触事故を起こしてしまう可能性すらあるのです。

 したがって道路交通法でも、車がすれ違う際にはヘッドライトを減光するか下向きの光、ロービームに切り替えることが決められています。これを怠ると減光等義務違反になるのです。ライトが暗いので運転が不安だというのなら、ヘッドライトのバルブを高効率で明るい物に交換すると良いでしょう。


運転していて対向車のライトがまぶしいときには、そのライトを直視しないで、やや左前方を見ながら運転しましょう。

 ヘッドライトバルブを高効率な物に交換すると、だいたいノーマルの2倍くらいのワット数になります。

ゴールドカード免許証ってどうするともらえるの?

交通事故を犯したり、交通事故を起こすと免許の停止や取り消しといった行政処分を受けることになります。しかしその逆に、長期間にわたって無事故無違反を続けるドライバーには数々の優遇措置も与えられるのです。

 まずは、1年間無事故無違反を達成すれば、それ以前の交通違反による累積点数は消されてゼロになります。過去の免停による処分暦もリセットされます。

 そして3年間無事故無違反を続けると、1・2点の軽徴な違反を犯した場合でも、その後3ヶ月間無事故無違反を続ければ、累積点数にはカウントされずにゼロのままになります。ただし、これは1度だけしか使えません。その後に違反すれば通常どおり点数は累積されていくことになります。

 さらに、5年間無事故無違反を続けると優良運転者となり、運転免許の有効期間が3年間から5年間に延長されるのです。すなわち、次回の免許の更新が3年後ではなく、5年後になるのです。これは免許証に記載された有効期間が5年後の誕生日となるだけでなく、一目で優良運転者と識別できるように、有効期間の部分の帯の色が青から金色に変更されています。つまり免許証のゴールドカードです。

 無事故無違反を続けた場合、ドライバーが受けるメリットは免許関係のことだけではありません。当然、保険金の支払請求なども受けないわけですから、自動車保険料も年々安くなります。さらに、他の保険会社に切り替える場合などでも優遇措置を受けられることもあります。


車に詳しくない人もゴールドカードのことを知っている人は多いと思われます。裏話ですが、軽い違反で警察に捕まって免許証を見せたとき、ゴールドカードだと「今度からは気をつけろよ。」と言われるだけで、減点も罰金もなかったという話を聞いたことがあります。あくまで運がよかった一例ですので、ゴールドカードだからといってあまり調子にのらないようにしてくださいね。

免許証の写真が気に入らないとき、取り直しできるの?

運転免許証というものは、取得したり更新したら、およそ3年間はそのままです。有効期限が記された部分がゴールドカードの優良運転者なら5年間は、その免許証を使用しなければなりません。

 免許証に焼き付けられている写真は、交付や更新の際に運転免許試験場や免許センター、警察署で撮影されるものです。観光旅行の記念撮影とは違い、お堅い雰囲気の場所でせわしなく撮影されるものだから、表情今ひとつ硬くなって変な顔に写ってしまう人も多いでしょう。

 しかし、免許証は免許の所持や住所、氏名、国籍を証明するものですから、写真が気に入らない、などという理由で再発行してもらうことはできません。

 だいたい、免許証の写真は、笑顔などでは撮ってくれません。斜めに向くのもダメだし、カメラに視線を合わせなくてはなりません。これは本人であることを証明するものですから、当然といえば当然のことなのです。

 ちなみに、免許証を紛失したり、汚したりしたときは再発行してもらうことができます。免許証を無くしてしまったり、破損や汚してしまったとすれば、再発行してもらうしかありません。再発行には破損や汚してしまった免許証を持参する必要はありませんから、再度免許証の写真を撮影して、新しい免許証を発行してもらえます。


免許証の写真撮影の瞬間に、「やばい、変な顔しそう」と思ったら迷わず目をつぶりましょう。そうするともう一度取り直してくれます。ただ、この手は何回も使っているとそのうち怒られますから気をつけてください。

うっかり免許の期限を切らしてしまったら?

運転免許証の有効期限は3年間です。正確には3年目の誕生日の1ヵ月後までです。取得した日から3年間としないのは、有効期限をわかりやすくするための配慮なのです。誕生日の1ヶ月前から誕生日の1ヵ月後までの間に必ず免許を更新する必要があります。

 しかし、それでも有効期間日をうっかり忘れている人も少なくありません。免許証の更新をせずに期限が切れることを失効といいます。つまり、免許を失ってしまうのです。

 しかし、失効したら必ず技能、学科、適正などの試験をもう一度受けなおさなければならないわけではありません。失効してから6ヶ月以内ならば、通常の更新とほとんど同じ手続きで再交付してもらうことが可能なのです。

 この6ヶ月間は、いわゆる「うっかり失効」として技能や学科などの試験は免除され、適性検査を受けるだけで再交付してもらえるのです。通常の更新に比べ、用意する書類でプラスされるのは住民票だけです。

 ただし失効後、6ヶ月間を過ぎてしまった場合は、再交付してもらうのは難しくなります。病気や長期の海外旅行など、やむをえない状況であったことを証明しなければなりません。

 通常の更新手続きに必要な書類のほか、住民票に加えてやむを得ず失効した理由を証明する書類を用意しなくてはなりません。旅行なら出入国の記録があるパスポートでいいのですが、出産ならば出産証明書、病気なども病院の証明書が必要になります。

 正当な理由もなく6ヶ月以上たってしまった場合は、完全に免許を失ってしまいます。つまり、再び学科試験や技能試験などを受けなければならなくなるのです。

 忘れないように、毎年お正月にでも免許証をチェックするといいかもしれません。


再び学科・技能試験を受けても合格する自信がない人は要注意です。

☆出展☆
中日スポーツ2001年9月1日(土)21・22面
中日スポーツ2001年9月8日(土)10面
中日スポーツ2001年9月29日(土)10面より抜粋。