駆動方式の違い

車には大きく分けて5つの駆動方式(FF・FR・MR・RR・4WD)があります。それぞれの駆動形式の長所と短所を簡単に紹介します。

FFとは

FF車の図

FFとは「フロントエンジン・フロントドライブ」の略です。日本語に直訳すると、前にエンジンがあり、前のタイヤが動くということになります。車の駆動方式としては最も多い形式です。
(上図の赤色に塗りつぶされたタイヤが駆動輪)

FFの長所は?

FFの短所は?

FF車の代表的車種

スズキ スイフトスポーツ
スイフト スポーツ(スズキ)

FF車でもスポーツ走行を楽しめることを目的として作られた車。

他に、ヴィッツ、CR-Z、フィット、マーチ、デミオ、カローラ、エスティマ、オデッセイ、ワゴンR、ムーヴなどFF車はたくさんある。

FRとは

FR車の図

FRとは「フロントエンジン・リアドライブ」の略です。フロントにエンジンがあり、リアのタイヤが動きます。エンジンからプロペラシャフトによって後輪に動力が伝わります。スポーツタイプの車や、高級車などで使われる駆動方式です。

FRの長所は?

FRの短所は?

FR車の代表的車種

フェアレディZ
フェアレディZ(ニッサン)

他に、86、マークX、クラウン、レクサス IS・GS・SC・LS、スカイラインクーペ、フーガ、ロードスター、RX-8、BRZなどFF車に比べると少なく、また価格も高い車が多い。古い車では、スープラ、シルビア、180SX、AE86レビン・トレノ、スカイライン、RX-7などあり中古車市場で高値で売られている。

4WDとは

4WDの図

4WDは「4(four) Wheel Drive」の略です。最近は、AWD(All Wheel Drive)やAWC(All Wheel Control)と呼ぶこともありますが、どれも4輪駆動の意味です。

4WDの制御は細かく、いろいろな仕組みがあるのですが、大きく分けて、「パートタイム4WD」と「フルタイム4WD」の2種類があります。パートタイム4WDは、通常は2WD(2輪駆動)で走行し、駆動していないタイヤが滑りそうな(滑った)場合にのみ4WDに切り替えると方式です。それに対して、フルタイム4WDは常に前・後輪を直結して4つのタイヤすべてに駆動力がかかっている方式です。

4WDの長所は?

4WDの短所は?

4WDの代表的車種

レガシィツーリングワゴン
レヴォーグ(スバル)

4WDはFFに比べると曲がりにくいと言われていましたが、最近の4WD車はそんなことはなくしっかり曲がります。

その他に、エクストレイル、パジェロ、ランサーエボリューションシリーズ、WRX STIシリーズなど。今はハイブリッドカーのエスティマハイブリッドやレクサス LS600hなども4WDがある。

MRとは

MR車の図

MRは「ミッドシップエンジン・リアドライブ」の略です。通常の後席付近にエンジンを搭載し、後輪を駆動する方式です。まず2シーターになりますのでスポーツカーに採用されるのがほとんどです。F1もMRです。

MRの長所は?

MRの短所は?

MRの代表的車種

ホンダ S660
ホンダ S660

軽自動車でありながらMRを採用。過去には、MR2、MR-S、ビート、NSX、AZ-1など販売されていました。

RRとは

RR車の図

RRは「リアエンジン・リアドライブ」の略です。車体後方にエンジンを搭載し、後輪を駆動する方式です。かなりマニアックで5つの駆動方式の中で一番採用されません。

RRの長所は?

RRの短所は?

RRの代表的車種

ポルシェ911 カレラ
ポルシェ 911 カレラ

2014年2月現在、床下リアエンジンのスバル サンバーディアスワゴン等を除くと、新車で購入することができる日本車にはRRはありません。ポルシェや旧ビートルなど一部に採用。自動車が量産された当初はRR車も多かった。