走行距離10万キロオーバーの車は
売れるのか?

過走行車、年式の古い車の査定はどうなっているのでしょうか。実際に以下の状態の車のオンライン査定をしてみました。

 車種名(メーカー)  カローラ レビン (トヨタ)
 グレード  GT-APEX
 年式  平成5年式(1993年)
 ボディーカラー  ブラックメタリック
 ドア数  2枚
 排気量  1600cc
 トランスミッション  5速MT
 走行距離  約107000km
 車検  平成16年5月
 主な装備  パワステ、パワーウインドウ、ラジオ、カセット
 その他  事故歴なし
 タイミングベルト、クラッチ交換済み
 マフラーをフジツボ レガリスRに交換
 社外アルミホイール

(平成15年3月現在)

数万円くらいは値がつくと思ったのだが・・・

まだどこの車査定を受ける前は10万円くらいで売れればいいなと思っていました。
事故歴ないし、車検も1年以上残っているし、スポーツカーは1代1代個性があるという理由で。

まずは カービューの「愛車無料査定」というのに車を査定依頼してみました。
自分の住んでいる地域を入力すると、その地域の査定会社が表示され、自分が査定したい会社のみをチェックを入れて、各項目を入力していきます。そうすると一度の入力で複数の査定会社に一括で査定の依頼ができるというわけです。

自分の住んでいる地域では、JAC、 ガリバー、 カーセブン、 ラビット、 アップルが表示されたのでその全部に車の査定依頼をしました。

各社の返答を紹介します。

カーセブン

メールで返答がありました。内容は次のとおりです。
-----
「この度はカーセブンにお車の査定をご依頼頂き、誠に有難う御座います。さて早速ですが、、ご送信頂きましたお車の情報を基に価格を算出したところ、大変申し訳御座いませんが、お車の年式、状態などからして価格をつけるのは難しいと思われます。
上記の査定結果につきましてご質問等が御座いましたらお気軽に下記フリーダイヤル、メールアドレスまでご連絡下さい。」
-----

ラビット

メール、電話での返答なし。この車の査定を店舗に行っていたら恥ずかしいところだった・・・。

アップル

同じくメール、電話での返答なし。この車の査定を店舗に行っていたら恥ずかしいところだった・・・。

ガリバー

電話がかかってきました。
仕事でなかなか電話に出ることができなかったのですが、6回目くらいの電話でやっと出ることができ、車の状態を話したら、「過去3ヶ月以内にお取引がございません。価格をつけるのは難しいかと思われます。」という返答でした。

なら、無視してくれてもいいのに・・・とも思いますが、ガリバーは親切な会社なんでしょう。こういうちょっとした親切があると次もお願いするかなと思いますよね。

JAC

こちらも電話がありました。
「お車の無料出張査定を行っているのですが、ご都合のいい時間はありますでしょうか?」と聞かれたので、「仕事が忙しくて時間がないので、こちらからジャックさんの店舗に出向きます。」と答えて電話を切りました。

やっぱり時間がなくて、JACに出向けず数日過ごしていたら、JACの査定センターというところからメールがあり、まだ売却する意思があることを伝え、無料出張査定の依頼をしました。ついでに「自分の車に価格はつくのでしょうか?もしつかないのであればご足労ですし」というメールを入れたら次のように返答がありました。

-----
「この度は、査定ご依頼のメールを頂きまして誠にありがとうございます。ご質問にありました「車の価格」についてですが、お調べしましたところ残念ながらお値段的には付かない状況になっておりました。引取り手数料として「0〜2万円」位の金額を頂く事になる可能性も高い状況です。
もし、そのような形でも良いのであれば、一度当社の無料出張査定をご利用頂ければと思うのですが、いかがでしょう?」
-----

こちらも親切でした。

オンライン車査定の結果

5戦全敗。どこも価格がつけれないということでした。
ラビットとアップルにいたっては連絡もなしということで無言で「そんな車はいらない」というありさまでした。

値はつかなかったですが、ガリバーの電話ですぐ査定をしてもらえるのは便利でしたし、JACの電話・メールでの対応も好感を持てました。

買取店でダメなら一般の中古車屋

買取店は全滅だったので残る道は一般の中古車屋さんです。合格点は5万円、及第点は3万円という気持ちで行きました。

いざ中古車屋に行ってみると安い車が置いていないところが多い(外車や高級セダンがたくさん置いてある)。そういう車がないところはつらいだろうと思って、本命視している「50万円以下の車しか置いてありません」という店に行きました。そこの店員に走行距離を伝えると「つかないです」と即答。

「車検がまだ1年以上残っているのですがダメですか?」と聞くと、「この業界は車検はあまり意味なく、走行距離で決まってしまうんです。どこに行ってもいっしょですよ。」と言われました。

要するに10万キロを超えた車は価値がないということです。
(セルシオやベンツなどの高級車、スカイラインGT-R、ランエボなど人気スポーツカーやAE86など希少な車は関係ないでしょうが・・・)

これ以上、自分とレビンが傷つくのは嫌だったので、他の店に行くのはやめました。

今回の出来事で学んだこと

車を売るなら10万キロ前まで(ただし7〜9万キロでも満足のいく額はつらいと思われます。
(高級車や貴重な車は例外。)

10万キロを超えた車は乗りつぶすか、手放すときは値がつかないと思う。
(新たに車を購入するときは多少の値引きになる可能性があるので、下取りは有効)

各社、車の査定は無料ですので、とりあえず愛車の価値を教えてもらうといいでしょう。愛車の価値を知ってから売るか買うか決めればいいですよ。
>>大手を含む100社以上の車買取業者から、最大8社に無料一括査定依頼をしてみる。