愛車紹介 -フィット-

※2010年10月にお別れしました。
所有期間:4年6ヶ月、走行距離:約32,300km
Fit

 車名(メーカー名)  フィット(ホンダ)
 グレード  1.5S
 年式  平成18年式(2006年)
 形式  GD3
 排気量  1500cc・直列4気筒SOHC
 馬力  110PS(81kW) / 5800rpm
 トルク  14.6kg・m(143N・m) / 4800rpm
 トランスミッション  CVT(ホンダマルチマチックS 7スピードモード付き)
 色  ナイトホークブラック・パール
 オプション  HDDナビ(VXH-061MCVi)
 VICSビーコンアンテナ
 アクアクリーンミラー(親水式ドアミラー)
 ディスチャージヘッドライト
 フルオート・エアコンディショナー
 アレルフリー高性能脱臭フィルター
 Hondaスマートキーシステム
 イモビライザー

Fitのインプレなど

フィット購入に至るまで・・・ メルマガ No.250(2006/4/16発行)

フィットの紹介

内装

内装はシンプルでまとまっています。
収納が多いと思いきや、あまり深さがなく、大きい物はあまり入れられません。

初めてディーラーオプションのナビをつけてしまいました。HDDナビで音楽はCDとMDが再生可能。角度が若干上気味で光が当たると少し見づらいです。

エアコンはオートエアコンです。
メーターは自発光式です。

トランスミッションはCVTです。
シンプルなストレート式です。

「D」の下にある「S」はスポーツモードだそうです。
通常よりもエンジン回転数が高くなります。

1300ccにはシフトレバーの上の「Fit」ロゴはありませんでした。

パドルシフト写真

パドルシフトにより、CVTを7速で操れます。
ハンドル右にあるボタンを押すことにより、このパドルシフトで操作できます。

パドルシフトはハンドルといっしょに動きます。

パドルシフトだけでなく、シフトレバーでも操れたらベストなんですけどね。

タイヤは標準でブリヂストンのRE040で、サイズは185/55R15です。前後ともディスクブレーキで、1300ccよりもブレーキの効きがいいような気がします。 タイヤ写真

Fit後ろ姿写真
後期型です。

DIY(取り付け手順は公開していません)
フロントスピーカー写真

スピーカー交換

・フロントスピーカー
carrozzeria TS-J1600A
  16cm
  瞬間最大入力:160W
  定格入力:35W

バッフルはエーモンのホンダ16cm用を使用。
低音が効くようになりました。

RECARO

シート交換

フィットの純正シートは着座位置が高くいいドライビングポジションがとれませんでした。また、座り心地もよくないので、前車でもつけていたレカロシートを移植。

レカロシート SR-III トレイル
  ベロアブラック


レカロ純正ベースフレームを使用。

着座位置が純正よりも少し下がり満足。

ワーク エモーション CR-Kai

ホイール交換

WORK EMOTION CR-Kai
マットチタン

15x7.0J PCD 100 オフセット +37

タイヤは純正RE040(185/55R15)をはめ替え

フロントはツライチです。

ミツバ プラウドホーン

ホーン交換

ミツバ プラウドホーン ブラック HOS-02B
 音圧:113db 周波数:Hi490Hz Lo410Hz
ミツバ ホーンハーネスセット SZ-1027
  電動パワステ車なのでリレーも追加。

純正のホーンがあまりにも情けない音がするので社外品に交換。

後期型フィットの場合、純正ホーンはフロントバンパーを外し、右ヘッドライト下にあります。ダブルホーンの取付スペースがないので、一つは裏返してつけました。

音は純正の「ポー」という音から「パァーン」に変わり満足。