愛車紹介 -Copen-

※2004年7月にお別れしました。
所有期間:1年4ヶ月、走行距離:約18,000km

フロント リア

 車名(メーカー名)  コペン (ダイハツ)
 グレード  アクティブトップ
 年式  平成15年式(2003年)
 排気量  660cc・直列4気筒DOHC16バルブ・ターボ
 馬力  64PS(47kW) / 6000rpm
 トルク  11.2kg・m(110N・m) / 3200rpm
 トランスミッション  5速MT
 色  ダークブルーマイカメタリック
 主な装備  ディスチャージヘッドライト(ロービーム)
 CD/MD オーディオ
 イモビライザー

コペンのインプレ

コペン購入に至るまで ・・・ メルマガ No.111(2003/4/12発行)

インプレッション ・・・ メルマガ No.112(2003/4/19発行) / メルマガ No.113(2003/4/29発行)

コペンの紹介

いつかマフラー替えたいな〜 軽自動車では大変めずらしい、センター出しのデュアルマフラーです。
音は純正なので当然静かですが、普通の軽自動車よりは断然いい音です。
オープンで走ると低音が少し聞こえてきていい感じ。
トランク内部です。
背の高い荷物は入りません。
オープンにするとルーフ(屋根)がトランク内に収納されますので、オープンにしたいときは荷物は入れれません。ただし、手前の(写真中央仕切り板より下)スペースには若干荷物を入れていても大丈夫です。
トランクはキーレスからも開けることができ、閉めるときもイージークローザーシステムで軽く閉めるだけで自動でロックがかかります。このあたりも軽自動車とは思えません。
狭いっす
音も独特 エンジンルームです。
軽なのにエンジンカバーが装着されています。コペンは軽の中で静粛性の高い車です。このカバーの影響もあるのでしょう。
バッテリーは小さいので、いろいろ電動で動くコペンには少し不安です。
2000回転台からターボがすごくかかってくるので速いです。はじめ乗ったとき「本当に軽か!?」と素直に思いました。
タイヤはブリジストンのポテンザ RE040というコペン専用(?)が標準装備です。サイズは165/50R15。コペンの軽快なハンドリングを担うタイヤです。今のところ何の不満もありません。
ミニサーキット走行でも素晴らしい走りを見せてくれました。
アルミホイールも標準装備です。
ちょっと特殊なサイズ

クローズド
中央道 駒ケ岳SAにて
クローズド時はこんな感じ
Cピラーが太い&リアウインドウが小さいので後方視界は悪いです。


内装です。

購入後取り付けたもの

 カーナビ KENWOOD EZ-202P(ポータブルCD)
 CDのわりに検索が早い! 旧愛車レビンから使い回し。
 レーダー探知機 セルスター SKY-110SL
 ソーラー、GPS、カーロケ、350.1MHzレシーバー、Nシステムなど
 盗難防止グッズ オムロン カーモニ200
 取り付け簡単!

追加メーター

ブースト計 TRUST Greddy 機械式 60Ø
 正圧と負圧の両方表示できます。
 最大ブースト圧約0.95kg/cm2みたいです。
電圧計 大森メーター 52Ø
 様々な所が電動で動くコペンには必要でしょう。
スピードモニター 永井電子 ウルトラメーター 4010
 リミッターカットできました。

オーディオ

センターユニット carrozzeria FH-P555MD
  CD/MD(MDLP対応)、FMラジオチューナー
  最大出力:50W x4
  定格出力:22W x4
ドアスピーカー carrozzeria TS-J1600A
  16cm
  瞬間最大入力:160W
  定格入力:35W
リアスピーカー ADDZEST SRJ101
  チューンアップ用アドオンスピーカー
  最大入力:80W
  定格入力:20W 

音の感想は「音を良くする」のページをご覧ください

エンジンルーム

ボルテージ
チューニング
ホットイナズマ TypeMR(マルチタイプ)
 低回転のトルクが少しUP。高回転はあまり変化なし。
 アーシングと似た感じ。

給排気系

マフラー D-Sport スポーツマフラー
 出口:89.1ø
 近接排気音:94db
 オールステンレス、保安基準適合

軽自動車らしからぬ音です。静かではないです。
3馬力アップするそうです。低速トルクは上がった感じがします。
将来車検が通るか不安…
エアクリーナー D-Sport スポーツエアフィルター 
  純正置き換え型
  開口部の大きさが全然違います。

  汚れていた純正から交換した影響もあるかと思いますが、加速がスムーズになりました。

ブーストコントローラー

ブーストアップ TAKE OFF  パーフェクトドライブ
  ブーストを1.1kg/cm2にアップすると体感できるくらいパワーが上がりました。このブースト圧でミニサーキットも走りましたが大丈夫でした。
  取り付けは簡単で、本体はECUにカプラーオンでつけれて、エンジンルーム内も配管を切らずにホース類の取り付けができます。
  操作はアナログ的なのでブースト計は必須です。