第37回 東京モーターショー Vol.3

外車たち
F1をイメージしたスタイル。思いっきり手ブレしちゃいました。すいません。
エンツォ フェラーリ
こいつを見るのはこれで最初で最後かもしれない。660馬力の怪物マシーンは約7850万円!M・シューマッハーじゃないと乗りこなせない!?
全長×全幅×全高:4700×2035×1150mm
車両重量:1470kg
駆動方式:MR
V12・6000cc
660ps/7800rpm、67.0kgm/5500rpm
その迫力に手ブレを起こしてしまった…
エンツォ フェラーリ
速そう…
ポルシェ カレラGT
V10・5700ccで612馬力…、こいつもモンスターです。
100km/hに到達するまで3.9秒だって。
こちらは水平対向6気筒・3600ccで420馬力だそうです。上記2台に比べるとたいしたことないように感じますが、オープンでアクセル全開にしたら気絶しそう…。
一度乗ってみたいですね
ポルシェ 911 カブリオレ
あの事件を思い出させてくれますね
TVR タスカン(?)
今年から新設されたカロッツェリア館に出展されていました。
こちらもカロッツェリア館にて撮影。
「RD350」とナンバープレートに記してあります。
何がベースなんでしょう?
RD350
官能的なんでしょうか?
アルファロメオ 8cコンペティツィオーネ
アルファの展示車の中でこいつだけは異彩を放っていたので撮影してきました。
V8・4200ccで400馬力だそうです。
シトロエンって地味なイメージがあるのですが、こいつはなかなか目立っていました。
なかなか人気でしたよ
シトロエン C3 PLURIEL
ツリ目最高
プジョー 206WRC
毎回、お約束って感じでラリーカーが展示されています。
フォーカスの次のラリーコンセプトカーなんでしょうか?内装はロールバーが張り巡らされ、シーケンシャルミッションも装備されて本格的でした。
カッコよかったです
フォード
往年の名車
フォード GT40
ワイド&ローなスタイル。
全長がわりと長いんですよね。
グランツーリスモにも登場してますよね。
後姿も
フォード GT40
なかなかがんばっている
KIA Motors

「KIA Motors」という韓国のメーカーの車です。

こちらはカロッツェリア館に展示してあったベンツです。腕が筋肉痛の日は乗れないですね(ガルウイングを閉めるときに苦労しそう)。
扉がすごい向きだ
メルセデス ベンツSLR(?)
ガルウイング大将
メルセデス ベンツ SLR マクラーレン
すごいの一言。
V8・5500ccで626馬力・79.5kgmを発揮。
100km/hまで3.8秒だそうです。
サイドマフラーなんてあり!?
GT選手権の車じゃないんだから〜。
左側通行の国じゃ歩行者に攻撃しちゃうね
メルセデス ベンツ SLR マクラーレン
こんなに長い車体なのにおそろしい速さなんでしょう
マイバッハ 62
最後はこの車でしょう。 「マイバッハ」です。
車両価格は4520万円です。
V12・5500ccの550馬力だそうです。なんか馬力感覚がマヒしてきました(笑)

まだまだ紹介していない車がたくさんあるのですが、持っているデジカメのメディア容量が
16MBしかなかったのでこれだけしか撮れませんでした。

グランツーリスモ4の体験もしました。
バケットシートに座ってゲームするのはなんか変な感じでした。

東京モーターショー以外にも各地でモーターショーが行われますから
一度も見に行ったことがない人はぜひ一度見に行ってみましょう!


前のページへ | 第35回のページ