第37回 東京モーターショー Vol.2

スバル
実物はなかなかいい。ピンボケしてます。
R2
ラリードライバーの新井さんの話も聞けなかった〜。新型レガシィに触れるのも忘れた〜。と、今年はスバルブースには縁がなかったです。
インプレッサのWRカーが展示してあったのですが、意外とマフラーが細いことに気づきました。我々が交換するようなマフラーよりも細いくらいです。
左の写真はプレオの後継車になるみたいです。
スズキ
そろそろスズキもオープンカーを復活だ〜
CONCEPT-S2
日本車・外車あわせて一番最後に見たのがスズキブースでした。
「CONCEPT-S2」は4人乗りの電動ルーフのオープンカーです。普通車サイズっぽいですが、コペンに対抗して軽自動車ではオープンカーを出さないんでしょうかね?
「kei」と「スイフト」の競技車両です。このスイフトを本気で走らせると速い。
競技車2台揃って記念撮影
kei and スイフト
ダイハツ
買おうかな…
Copen SARD SPECIAL
今年は2台のコペンが展示されていました。まず1台は「Copen SARD SPECIAL」で、コペンのボディ幅を大きくし、YRVに搭載されている1300cc・140馬力を載せたものです。
オリジナルのコペンはリアブレーキはドラムですが、こいつはディスク化されています。あの車体でこのエンジンではかなりじゃじゃ馬だと想像できます。
ちょっと下品なリアスポ
Copen SARD SPECIAL
コペン専用レカロシート
コペン
もう1台の赤いコペンはノーマルっぽいですが、実はまだ発売されていないコペン専用のレカロシートを装備されているのです。2004年に発売される特別仕様車に装備されるのかしら!? オープン状態にしたときにロールバーの間から見えるレカロのロゴがお洒落です。
「D-BONE」は昆虫っぽい顔ですが、「ネイキッド」にみたいな無骨感があってなかなかいいと思います。
デザインはなかなかいい
D-BONE
上の方からズームで撮りました
タント
「タント」はもうすぐ発売されるモデルです。
ムーブよりも背が高く、室内空間は広々でした。
ミツオカ
食べられるぞ〜
オロチ
前回のモーターショーで驚かされた「オロチ」が今回リニューアルされて展示されていました。相変わらずエグイデザインです。こんな車にあおられたら絶対道譲るね(笑)
しかし、前回より見物しているお客さんは少なかったです。2代続けて同じようだと確かにインパクトは薄れますよね。
リアガラスはかなり小さく後方視界は悪そうです。バックするときはカウンタックオーナーみたいにドアから体を乗り出してバックしないといけませんな〜(笑)
ボケてます。すいません。
オロチ

前のページへ | 次のページへ