第35回東京モーターショー
会場:幕張メッセ
一般公開:2001年10月27日〜11月7日


◆前書き                                                  
   10月30日、わたくし名古屋在住ですが、東京モーターショーに行ってきました。
  本来なら名古屋モーターショーに行くつもりだったのですが、今年はどうしても予定がつかず、
  新幹線に乗って上京することになりました。

   名古屋から東京までは「のぞみ」で約97分、「ひかり」で約111分で着きます。
  東京駅からJR京葉線に乗り換えて幕張メッセのある海浜幕張駅まで行きました。
   東京駅に着いたとき、駅の構内で「本日は東京モーターショーが行われております。
  会場は大変混雑しますのでチケットの購入がまだの方はこちらでどうぞ。」とアナウンス
  しているところがあったので、チケットを持っていないわたくしはそこで購入しました。
  (名古屋では名古屋モーターショーだけで、東京モーターショーの前売りチケットは売っていない)
   
   JRに乗り込むといきなり満員。通勤時間は過ぎているのに満員とは…、東京の恐ろしさを知った(笑)
  しかし、その満員の理由は「東京ディズニーランド」であった。ディズニーシーもできたことだしね。
   ところで、東京のJRは地下も走るんですね。快速だと地下にある駅も通過するから、
  名古屋人にとっては変な気分でした(名古屋ではJRは地下を走らないので、地下は地下鉄only
  なのですべて各駅停車だから)。

   海浜幕張駅に近づくと、車内アナウンスで「本日は東京モーターショーが行われており、
  大変混雑が予想されるので、お帰りの切符はお早めに購入してください。」と言っていた。
  それも聞いたわたくしと友達は、「平日なのに混むのか?」と疑っていました。
   ところがどっこい、海浜幕張に着くと、乗客のほとんどが降りるではないか!
  やっぱり駅員のいうことは本当なのねと反省。素直に帰りの切符を先に買いました。
  (一昨年は平日(初日)に名古屋モーターショーに行ったんですけど、空いてた…)

   海浜幕張駅から「幕張メッセ」までは歩いて5分。入り口のゲートが見えてくるとたくさんの人が…。
  テロを懸念してか、一人ずつ持ち物検査をしていた。ほとんどの人がチケットを持っていたので
  混むところはチケットを持っている人用のゲートだけ。チケットを持っていない人用のゲートは
  わりと空いていて。今回から採用された電子チケット(携帯のiモードなどの画面をみせるやつ)の
  ゲートは人がいませんでした。少しでも早く会場に入りたい人は次回からのモーターショーでは
  電子チケットを購入するとよいでしょう。

◆二輪など                                                 
   まず会場に入るとバイクがたくさんありました。とりあえず二輪ブースはおいておいて、
  先に進みました。
   すると、いきなりトヨタ「2000GT」が置いてありました。それもオープン。さすがに歩く人すべてが
  2000GTを見ていました。ここはイベントホールみたいで、過去の名車が展示されていました。
  名車といっても技術がすぐれていた車みたいで、日本車初のターボエンジンを搭載した「セドリック」や
  ミラーサイクルエンジンを搭載したマツダの車(すいません車名忘れました)や「ギャランGTO」、
  「シビックSiR」などが展示されていました。
   電気自動車のコーナーには、ミツビシ「エクリプス」が置いてありました。このエクリプスはなかなか
  カッコいい。日本でも売ればいいのにとつくづく思います。

◆四輪ブース                                               
   さあ、おまたせ乗用車が置いてある会場です。いきなり目に飛び込んできたのが「フェラーリ」。
  さっそく見に行きました。「360モデナ」、「550マラネロ」、「456M GT」の3台が置いてありました。
  もちろんシートに座ることはできません。

   ここからはメーカー順にレポートしていきたいと思います。

 ▽トヨタ・ダイハツ
    トヨタとダイハツは同じブースで展示してありました。注目の「FXS」はダイハツの「COPEN」と
   隣同士で並んでいました。そこでは画面が立体に見えるメガネが配られており、それをつけて
   FXSのバーチャルドライブを見るという感じの催しが行われておりました。
    わたくしは、Copenが非常に気になりました。ビート、カプチーノ、AZ-1以来となる
   軽自動車2シーターオープン。それもルーフは電動。これは気にならないわけありません。
    もう一台ダイハツ車でおもしろい車がありました。それは「MOVE SARDSPECIAL」です。
   MOVEにバケットシートが載っていたのには驚きました。
    トヨタブースは混雑しすぎで正直あまり見ていません。「ist」、「VOLTZ」などじっくり見るのを
   忘れました。「WiLL VC」は見ました。本当にあのヘッドライトで市販するのでしょうか?
    「pod」のところにいたコンパニオンはかなりよかったですよ。みんな、車よりもそのお姉さんを
   見ていましたね(笑)
    トヨタのカタログは真面目すぎてつまらないですね。
FXS FXS
 engine:V8・4300cc(NA)
 ength:4150mm
 width:1870mm
 height:1110mm
copen COPEN
 engine:直4ターボ・660cc
 length:3395mm
 width:1475mm
 height:1260mm
MOVE SARDSPECIAL MOVE SARDSPECIAL
 engine:1300ccターボ・150PS
 length:3500mm
 width:1625mm
 height:1650mm
WiLL VC WiLL VC
 engine:1300cc(NA)
 length:3695mm
 width:1675mm
 height:1535mm

  ▽ホンダ
    ホンダといえば最近はオデッセイ、ステップワゴン、ストリーム、フィットなど、ミニバン・RV的
   要素を持った車が売れているが、やはりホンダといえばスポーツカーでしょう。
    ホンダブースに行ってまず目に飛び込んできたのが「グランツーリスモ・コンセプト2001TOKYO」!
   みんなバケットシートに座ってステアリングを握っていました。
    車で最初に目に飛び込んできたのが、「シビックタイプR」と「NSXタイプR」!さんざん雑誌などで
   実物写真を見てきたので特別驚きはしなかったが、生の新しいNSX-Rはよかった。
   カーボン剥き出しはスパルタンでした。さすがにこの2台のシートには座らせてくれなかった。
    そのほか、インテグラタイプRとS2000も置いてあり、タイプR御三家が勢ぞろいでした。
    「w・i・c」とネーミングされている車はおそらく新型軽自動車でしょう。トヨタのbBに似てなくもない
   フロントマスクは正直微妙。
    「S・U・U」とネーミングされている車はおそらくキャパの後継車だということだ。スタイルはあまり
   カッコよくないがコンパクトで3列シートなので売れるでしょうな。
    ホンダブースのコンパニオンは毎回よく踊ってます。個人的にはダンスよりもお姉さんのお色気
   攻撃がいいのですが…。
    パンフレットはなかなかいいです。
CIVIC TYPE R CIVIC TYPE R
 engine:直4・2000cc・215PS
 length:4135mm
 width:1695mm
 height:1430mm
NSX-R NSX-R
 engine:V6・3200cc・280PS
 length:4430mm
 width:1810mm
 height:1160mm
W・I・C w・i・c
 engine:660cc
 length:3395mm
 width:1475mm
 height:1615mm
S・U・U S・U・U
 engine:1500cc
 length:4055mm
 width:1685mm
 height:1705mm
  ▽ニッサン
    今回のニッサンは注目です。「フェアレディZ」、次期型「マーチ」、ニッサン初となる
   軽自動車が出展されるからです。し、しかし、どこの雑誌にも掲載されていなかった
   「GT−R」が出展されていたのです!
   東京モーターショーのプレスデーの様子をニュースで見ていたら、いきなりGT−Rが
   出展されていると言うのでマジでびっくりしました。ただ、コンセプトカーっぽいので、
   まだまだ発売は先でしょう。
    このGT−Rは、スカイラインとは決別して、「ニッサン GT−R」としてデビューすることが濃厚で、
   テールランプもしっかり丸目4灯でした。 
    わたくしが一番見たかったフェアレディZ。この車もさんざん雑誌などで実物写真を見てきましたが、
   Zは本当に実物で見るとカッコいい!特に横からのアングルがいいです。
   リアスポなくてもデザインがまとまっているのはZ32と同じです。ただデザインで気になるのが、
   フロントバンパーが少し開きすぎかなと思います。まあ、空気をたくさん取り入れるためだから
   しょうがないですけど…。発売が楽しみな1台です。
    続いて「mm」とネーミングされている車。これは2002年に発売されるであろう次期型マーチ
   です。これはもうデザインだけで女性に売れそうです。
    ニッサン初となる軽自動車「MOCO」。一応参考出品車ということで名前などは変わるかも
   しれないですが、スタイルはこれでほぼ確定でしょう。スズキからのOEMということで、
   スズキらしいデザインです。個人的にはオールニッサンで軽自動車を作って欲しい。
    市販車でちょっと気になったのが「ウイングロード」。最近マイナーチェンジをしてフロント・リアの
   デザインが変わった。ヘッドライトは前よりも数段カッコよくなった。
    ニッサンブースのコンパニオンですが、あまり記憶にないです。GT−RとZが隣同士に置いて
   あったので、とにかく人が多くで少ししか見ていないので…。
    パンフレットは2冊。モーターショー用とフルラインナップカタログです。なかなかいいできです。
GT-R CONCEPT GT-R CONCEPT
 engine:??cc
 length:??mm
 width:??mm
 height:??mm
FAIRLADY Z FAIRLADY Z
 engine:3500cc
 length:4310mm
 width:1815mm
 height:1310mm
mm mm
 engine:??cc
 length:3695mm
 width:1660mm
 height:1525mm
MOCO MOCO
 engine:660cc
 length:3395mm
 width:1475mm
 height:1590mm
WINGROAD WINGROAD
 engine:1500cc
 length:4410mm
 width:1695mm
 height:1500mm

次ページへ続く