メルマガ バックナンバー
  No.321〜325

メルマガ一覧メニューへ戻る


_____________

走り屋でない
  車好きのためのメルマガ

 発行日 2008/3/16 No.321
  http://kuruma.cside.com/

---目次---

1.世間話
2.トルクコンバーターとは
3.10秒アンケート
4.マイカーインプレッション
5.後書き

----------

▼世間話

F1の予選を見ていた時の嫁の一言
「F1に興味のない人からすると耳障りの音だね」

まあ、確かにあの独特の甲高い音はF1はおろか車に興味のない
人にとっては騒音ですよね。

ちなみに今のF1のエンジンは、V8・2400ccのNAで19000回転まで
回ります。ミッションは7速です。

2400ccといったらオデッセイと同じ排気量です。
そう考えると、F1のエンジンってすごいんだなと思います。

▼トルクコンバータとは

前号ではロックアップ機構のお話をしましたが、
今号は「トルコン」と呼ぶトルクコンバータの役割を簡単に説明します。

トルクコンバータはエンジンとミッションの間にあります。
そこでエンジンのパワー(トルクの方が正しい表現かもしれません)を
ミッションに伝える役割を持っています。

トルクコンバータの長所は、トルクを増幅する機能を持っていることです。
発進の時や、低速走行の時に少ないアクセル開度で最適なトルクを
ミッションに伝えることができます。
最近のAT車が街乗りで楽に走ることができるのは、このトルクコンバータの
影響が大きいのです。

短所は、トルクコンバータ内部にオイルが流れているため、
どうしてもオイルの粘性や滑りによってロスが生じる、レスポンスが
少し悪くなるといったことがあります。

普段、MT車に乗っている人が、AT車に乗ると感じる違和感はコレです。

まとめ・・・
通常は、エンジン→トルコン→ミッション でトルクが伝達。
ロックアップすると、エンジン→ミッション と直結状態。
この時はトルコンを介していないので、トルク増幅効果はない。

▼10秒アンケート

深く考えず10秒以内に答えるその名も「10秒アンケート」

前号でのお題は、
「ゴールド免許ですか?」
でした。

当メルマガの読者では、
今現在ゴールド免許の方が46.2%とトップで、
一度もゴールド免許になったことがないという方が44.1%と
僅差でした。
現在はゴールド免許じゃないけど、過去にゴールド免許に
なったことがある人は6.5%で、普通自動車運転免許証を持っていない方は
3.2%という結果でした。

ゴールド免許の方が半数近いとはさすがですね。
日本のゴールド免許率がどのくらいか知らないですが、
当メルマガの読者にはほとんどペーパードライバーはいないと
思われるので、きっといい数字なのでしょう。

ちなみにわたくしは、ゴールド免許に一度もなったことのない人です。
しかし今度の免許更新まで事故違反がなければ、初のゴールド免許です。

-----

それでは次のアンケートに行きましょうか。
以下のページからお願いします。

「いつから車好きになりましたか?」
http://kuruma.cside.com/anke-to/10.html
(期間:2008年3月16日〜次回メルマガ発行日まで)

よーく思い出してくださいね。

▼マイカーインプレッション

高級車がやってきましたよ。

----------

メーカー名 = キャデラック
車種名 = セビル
グレード = STS
年式・形式 = 1998
排気量 = 4600
購入は? = 中古車
ミッション = AT

購入を決めた理由 =
1. 後部座席に、チャイルドシートを付けて、かつ大人二人が普通に座れる
2. トランクスペースが、そこそこある
3. でも (家人の好みで) 1 Box じゃなくてセダンがいい
4. (自分の好みで) 左ハンドルがいい
5. 中古で値段が手ごろなモノ

というのを考えて…。

長所 =
とりあえず、てっとり早く "ラグジュアリーな気分" になれる。
ほかに、あまり走ってない。
意外とタフ (何気に壊れない) 。

短所 =
何よりも燃費。
場合によっては、止められない駐車場が…。
当たり前だけれども、小回りが利かず、Uターンするのに 3 車線必要(笑)。
そのスジのヒトに、たまに誤解される。

メーカーに対する要望 =
いや、特に要望はないです。
そのまま突っ走っていただければ(笑) 。

平均燃費 = 5 - 6km/l
運転頻度 = この車を1週間のうち5・6回運転する
100点満点で何点? = 70点
年齢 = 30歳代
性別 = 男
結婚 = 既婚
家族人数 = 3人
都道府県名 = 東京都
次に欲しい車は? = 未定

----------

引き続きマイカーインプレ募集中です。
どんなジャンルの車でもお待ちしております。
http://kuruma.cside.com/anke-to/car-impression.html

▼後書き

>場合によっては、止められない駐車場が…。
>当たり前だけれども、小回りが利かず、Uターンするのに 3 車線必要(笑)。

調べてみたら全長4995mm、全幅1905mmじゃないですか。
そりゃ無理ですね(笑)



_____________

走り屋でない
  車好きのためのメルマガ

 発行日 2008/4/5 No.322
  http://kuruma.cside.com/

---目次---

1.世間話
2.マイチェンで馬力は下がることもある
3.10秒アンケート
4.マイカーインプレッション
5.後書き

----------

▼世間話

花見客がピザやファミレスなどの出前を取るのはいかがなものか・・・。

配達する方はきっと探すの大変でしょう。

別にどこから出前を取ろうと関係ないし、店側も利益になるから
特に誰かに迷惑がかかっている訳じゃないからいいですけどね。

▼マイチェンで馬力は下がることもある

マツダのRX-8はグレードによって250馬力と210馬力の
ロータリーエンジンを搭載していましたが、先月のマイナーチェンジで、
250馬力エンジンは15馬力ダウンの235馬力になりました。

スポーツタイプの車でカタログスペックの中で重要な馬力を
落とすというのは一歩間違えれば商品力の低下に繋がることです。

しかし、やみくもにカタログスペックにこだわって馬力を高くし、
低中速トルクを落とすよりは、カタログスペックという見栄を捨てても、
実際に乗りやすさ、力強さを体感できるエンジンの方が一般人には
合っています。

今回のRX-8のマイチェンでのマツダの発表は以下のようになっています。
-----
動力性能に関しては、新型のウォーターポンプやオイルポンプの採用
などによるロータリーエンジンの基本性能の改善、6速MTのギア比の
見直しにより、常用域での加速感を向上させている。
-----

「常用域」というのがポイントですね。

スポーツタイプの車に乗っている人すべてが常に全開走行ができる
環境にはいません。それなら、低中速の力強さを重視して普段使いでも
楽しめる仕様にしたほうがいいのです。

同じような例がもう一つあります。

ホンダのS2000は発売時は250馬力(NA・2000cc)でしたが、
マイナーチェンジで8馬力ダウンの242馬力(NA・2200cc)となりました。
排気量が200cc上がっているのに、馬力が下がっているという珍しい
事例です。

初期型の250馬力エンジンは最大馬力を8300回転で発揮し、
おまけに最大トルクも7500回転で発生するという超高回転型
エンジンでした。素晴らしいエンジンですが、ここまでの高回転は
そうそう使わず、また街乗りでは低回転のパワーが不足気味になる
といった欠点がありました。

そこでマイナーチェンジで最大馬力とトルクの発生回転数を低くし、
扱いやすい特性になりました。
(それでも中・上級者向けの車だと思いますが)

結論として、カタログ上の馬力なんて気にしないことです。
特にNAエンジンは実測でカタログ値はでないことが多いので、
乗ってみてのフィーリングがいい方がきっと楽しいでしょう。

▼10秒アンケート

深く考えず10秒以内に答えるその名も「10秒アンケート」

前号でのお題は、
「いつから車好きになりましたか?」
でした。

結果を上から順に書いていきます。

1位 社会人になってから 24%
2位 大学・短大・専門学校生の頃から 23%
3位 幼少から 21%
4位 高校生の頃から 14%
5位 小学生の頃から 13%
6位 中学生の頃から 6%

僅差となりましたが、1位の「社会人になってから」と
2位の「大学・短大・専門学校生の頃から」は共に免許を取得して
実際に車を自分で運転してみたら思ったより楽しかった、
自分は車好きなんだと気づいたのでしょう。

当読者の約半分は「遅咲きな車好き」ということになりますね。

それに対して、「幼少から」というのが21%となりました。
「三つ子の魂百まで」ということわざに忠実な「早咲きな車好き」も
多いということでした。

小中高から車好きになるきっかけは何でしょう。
幼少の頃はミニカーで遊んだりして、自然に車好きになったり
することもありますが、小中高生は肌で車に接する機会が
あまりないので、この頃に車好きになるのは難しそうな感じがします。
(高校生時代に自動車学校で運転、免許取得した方もいると思います)

逆に、小中高生の頃に車好きになった人の情熱は誰にも負けない
かもしれませんね。

▼マイカーインプレッション

燃費の値が細かい・・・。

----------

メーカー名 = ホンダ
車種名 = アコード
グレード = ユーロR
年式・形式 = H17 ABA-CL7後期
排気量 = 2000
購入は? = 中古車
ミッション = MT

購入を決めた理由 =
MTスポーティー+4ドアセダン+快適性の条件を付けると一気に
選択肢の減る国産自動車市場。
レガシィB4、RX-8、MSアテンザと競合し、燃費が良い(距離乗るので)と
評判のユーロRに傾きかけていたところネットに良いタマを発見、
翌日契約でした。

長所 =
・ハイパフォーマンスエンジンでありながら生涯燃費11.29km/L !!
・スムーズにレブまで吹け上がるエンジン。バランサーシャフトの
  おかげでがさつな音もない。
・HTしやすいペダル配置
・ほどよくフィットするレカロシート
・車体色(アークティックブルーパール)が祖母に好評!

短所 =
・ホイールハウスとタイヤの隙間が大きすぎる(致命的)
・オートレベライザーのおかげで車高調の選択肢が狭められる。
・後方見切りが最悪。小学生低学年なら見えない。
  純正リアカメラは設置するとかっこわるいけど、
  安全には替えられずつけました。
・純正HDDナビにミュージックタンク機能が無い。
  (オデッセイはあるのに…)

メーカーに対する要望 =
・ホイールハウスの隙間・・・
・次期ユーロは出たとしても大排気量化してしまうみたいで残念。
  こういうコンセプトの車を作り続けてほしい。

平均燃費 = 約11.29km/l
運転頻度 = この車を1週間のうち5・6回運転する
100点満点で何点? = 90点
年齢 = 20歳代
性別 = 男
結婚 = 未婚
都道府県名 = 愛知県
次に欲しい車は? =
FR-FFときたので、4WDハイパフォーマンスセダン

----------

引き続きマイカーインプレ募集中です。
どんなジャンルの車でもお待ちしております。
http://kuruma.cside.com/anke-to/car-impression.html

▼後書き

>ホイールハウスとタイヤの隙間が大きすぎる(致命的)

ユーロRはタイプRと違ってスポーツ性能とある程度の快適性の
両立を目指したので、若干車高が高めなのでしょうか。
その隙間が大きすぎると見た目がどうしても気になりますよね。

ちなみに、RX-8の210馬力エンジンの方は5馬力アップの
215馬力になっています。



_____________

走り屋でない
  車好きのためのメルマガ

 発行日 2008/4/13 No.323
  http://kuruma.cside.com/

---目次---

1.世間話
2.安全ボディ
3.マイカーインプレッション
4.後書き

----------

▼世間話

羞恥心の歌が頭の中を駆け巡ってる・・・。
ホント、憎めない3人です。

最近、暇を見つけて読書をするようになったのですが、
全部読む気がしなくなった本に出くわしました。

それはちょっと前に話題になった「バカの壁」という本です。

読んでも全然頭に入らないので、途中で読むのを止めました。
話題の本だからといっても、自分に合う合わないがありますね。

ブックオフの105円コーナーで買ったものなのでよかったです。

▼安全ボディ

最近、自動車保険の更新をして、ふと契約書の裏を見てみたら
意外にマニアックなことが書いてあったのでクイズにしてみます。

自分の入っている保険には「衝突安全ボディ割引」というのがあり、
愛車がこの安全ボディ構造であれば10%の割引をしてもらえると
いったものです。
(保険会社により、その割引があったりなかったりします。
また割引率も違うかもしれません)

ここ何年かに発売された車は基本的に安全ボディでしょう。

さて、この安全ボディの名称が各メーカーによって違います。
下の名称がどこのメーカーのものかわかりますか?

・GOA
・RISE
・G-CON
・TAF
・ゾーンボディ
・MAGMA
・TECT
・新環状力骨構造

答えは後書きで。

▼マイカーインプレッション

これまたブレーキがよく効くんだぁ。

----------

メーカー名 = マツダ
車種名 = アクセラスポーツ
グレード = 15C
年式・形式 = 2008年 BK5P
排気量 = 1500
購入は? = 新車
ミッション = AT

購入を決めた理由 =
最初はスポーツカー(RX-7やロードスターなど)の購入を
検討していたのですが、知り合いの車や中古車を試乗させて
もらっているうちに、自分には持て余し気味だということに
気づきました。
車で旅行にも行くので、そこそこ荷物も載るほうがいいかなという
ことで、国産Cセグメントハッチに焦点変更。
インプやオーリスも考えましたが、親のデミオを買った時のマツダ
の営業さんと半日ほど(笑)話し込み、値引きも大きかったので決定。

長所 =
日本車離れしたスタイリング(特にリア)は素晴らしいです。
いつ見てもかっこいい。
足回りもちょうどいい硬さで不満はありません。
ちょっと初期制動強めですが、ブレーキもしっかり利くし、
よく曲がります。

短所 =
パワーの割に車体が重いので出足はよくないです。
スピードに乗ってしまえば問題ないんですが。
内装はシフト周りの銀色が安っぽくて浮いてます。
RX-8のようにピアノブラックに自家塗装したいぐらいです。
駐車場で、ハッチバックだからといってリアガラスの景色を参考に
下がったら、後ろの車まで残り5ミリでした。案外出っ張ってますね。

メーカーに対する要望 =
アクセラクラスで、アテンザスポーツのような流麗な
ファストバック風の5ドアが欲しいです。
アスティナ・ランティスクーペ直系の車をお願いします。

平均燃費 = 約12km/l
運転頻度 = この車を1週間のうち3・4回運転する
100点満点で何点? = 88点
年齢 = 20歳代
性別 = 男
結婚 = 未婚
都道府県名 = 愛知県
次に欲しい車は? = 要望欄に書いたような車

----------

引き続きマイカーインプレ募集中です。
どんなジャンルの車でもお待ちしております。
http://kuruma.cside.com/anke-to/car-impression.html

▼後書き

>パワーの割に車体が重いので出足はよくないです。

2300ccだと軽々と加速していきますよ〜。
燃費は悪かったですが・・・。

さて、クイズの回答です。

・GOA → トヨタ
・RISE → ミツビシ
・G-CON → ホンダ
・TAF → ダイハツ
・ゾーンボディ → ニッサン
・MAGMA → マツダ
・TECT → スズキ
・新環状力骨構造 → スバル

いくつ正解されましたか?
ちなみに自分は4つしかわかりませんでした・・・。

RISEなんて初めて見たし、新環状力骨構造なんて時代に反して
全部漢字だし・・・。でも、各メーカーのWebやカタログを
見るとちゃんとこれらの名称が書いてあるんですよね。
しかしそんな細かいところ見ないのでわかりません。

関係者以外で全部わかった方は相当なマニアですよ。

(注)
上記で紹介した意外にも各社違う名称の安全ボディ構造も
あるみたいです。



_____________

走り屋でない
  車好きのためのメルマガ

 発行日 2008/5/4 No.324
  http://kuruma.cside.com/

---目次---

1.世間話
2.横滑り防止装置
3.マイカーインプレッション
4.後書き

----------

▼世間話

福井・石川県の方に行ってきたのですが、制限速度を守るドライバーが
多いことに驚きました。普段、荒い運転をする人が多い地域にいると
当たり前のことに驚いてしまいます。

▼横滑り防止装置

「横滑り防止装置」がついている車は、自動車保険で5%割引になる
ことがあります。
(保険会社により、その割引があったりなかったり、また割引率も
違うかもしれません)

どういった装置かは名前の通りですが、簡単に説明すると、
コーナーを回っているときにブレーキをかけると通常は
四輪すべてにブレーキがかかり車体が不安定になるですが、
横滑り防止装置がついていると、片側の前後輪だけにブレーキを
かけて、アンダーステアやオーバーステアを自動的に防いでくれます。

オーバースピードでコーナーリングしてしまった場合や、
滑りやすい路面だったりするときに威力を発揮します。

横滑り防止装置はABSと違ってすべての車についているわけでは
ありません。最近は少し高めの車には標準設定されていることが
多くなりました。

この横滑り防止装置も各メーカーによって呼び名が違います。
一部例を紹介していきます。

・VSC → トヨタ
・VDC → ニッサン、スバル、アルファロメオ
・VSA → ホンダ
・ASC → ミツビシ
・DSC → マツダ、フォード、BMW、ジャガー
・VST → スズキ
・DVS → ダイハツ
・スタビリトラック → ゼネラルモータース
・ESP → スズキ、フォード、アウディ、メルセデスベンツ、
  フォルクスワーゲン、シトロエン、プジョー、ルノー
・PSM → ポルシェ
・DSTC → ボルボ
・MSP → マセラティ

いろいろな呼び名がありますね。
これ以外にもまだあるようです。

ハイパワーな車が普通に運転できるようになったのも
この横滑り防止装置があるというのも一つの理由です。

▼マイカーインプレッション

後姿が好きです。

----------

メーカー名 = 三菱
車種名 = ランサーセディアワゴン
グレード = ラリーアートエディション
年式・形式 = TA-CS5W
排気量 = 1800
購入は? = 新車
ミッション = CVT

購入を決めた理由 =
長男誕生を期に、それまで乗っていたミラージュアスティでは
2ドアクーペのため不便を感じて買い換えを決意。
ちょうど10万km目前だったことも後押ししました。

今思えば2ドアクーペでも子育てと両立できたのですけれども・・・

長所 =
ラリーアートエディションと言うことで最初から必要な物は
全て揃っていました。
ラリーアート専用サスペンション、エアロパーツ、大径マフラー、
レカロシート、モモステアリングも標準装備。
ラリーアート製のアルミホイールも軽量タイプです。
これだけ付いて定価が200万円切っていました。
最終的にHID、DVDナビ付車両情報端末(MMCS)付けて200万円ちょうど位
でした。コストパフォーマンスは良かったですね。
走行性能は家族(乳幼児含む)にも不満のない乗り心地ですが、
旋回走行性能も良く、ワゴン車特有のフワフワ感や腰砕け感は
ないです。

短所 =
標準で16インチなので、スタッドレス等のランニングコストが
掛かる。

ハイオク仕様。それでも郊外路では13〜14km/L位は走りました。
10万km超えたら11km/L位です。

当時は出足が結構良いと思っていたCVTですが、最新の物と比べる
ともっさり感は否めません。

GDI特有のトラブルは多かれ少なかれありますが、オイル消費など
重大なトラブルはありません。

メーカーに対する要望 =
ダウンサイジングの昨今を反映して1500CCクラスのワゴン車を
作って下さい。コルトプラスでは背は高くても荷室が狭いですね。

コスト的には厳しくてもMTの選択肢を残して下さい。

トラブルがあってもGDIの技術を捨てないで欲しかった。
MIVEC+GDIの組み合わせも乗ってみたかったです。

平均燃費 = 約12km/l
運転頻度 = この車を1週間のうち毎日運転する
100点満点で何点? = 95点
年齢 = 30歳代
性別 = 男
結婚 = 既婚
家族人数 = 3人
都道府県名 = 栃木
次に欲しい車は? = コルトラリーアートVerR

----------

引き続きマイカーインプレ募集中です。
どんなジャンルの車でもお待ちしております。
http://kuruma.cside.com/anke-to/car-impression.html

▼後書き

>次に欲しい車は? = コルトラリーアートVerR

最近、マニアックな特別仕様車が出ましたね。

ボディパネルを点(スポット)ではなく、線(シーム)で
溶接した「連続シーム溶接」をドア開口部に施して
ボディ剛性を高めたらしいです。
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/version-r/lineup/lin_01.html
ステアリングを切った瞬間にボディ剛性の高さを
感じるのでしょうか。



_____________

走り屋でない
  車好きのためのメルマガ

 発行日 2008/5/18 No.325
  http://kuruma.cside.com/

---目次---

1.世間話
2.トヨタの足元
3.マイカーインプレッション
4.後書き

----------

▼世間話

20分ここに書くネタを考えましたが、思いつきませんでした。

▼トヨタの足元

地元の「中日新聞」にとてもいい記事が載っていたので
紹介します。

この記事を読むと、トヨタがどのようにして大きくなったのかや、
トヨタを支えている本当の人たちは誰かなど、世界一になった
舞台裏が垣間見えます。

トヨタ嫌いな人は、この記事を読むとますますトヨタ嫌いに
なるでしょう。

日本の市場原理と言えば、それで終わってしまうことですが、
人と人が関わる仕事である以上、義理・人情も大事にしたいという
町工場の気持ちもよくわかります。

興味のある方は一度読んでみてください。
(画像が大きいので携帯では見難いかもしれません)

http://kuruma.cside.com/melmaga/images/325-1.jpg
http://kuruma.cside.com/melmaga/images/325-2.jpg
http://kuruma.cside.com/melmaga/images/325-3.jpg
(中日新聞 2008年5月11〜13日より)

▼マイカーインプレッション

黒色のこの車が欲しい。

----------

メーカー名 = ダイハツ
車種名 = エッセ
グレード = カスタム
年式・形式 = H19.11 DBA-L235S
排気量 = 660
購入は? = 新車
ミッション = MT

購入を決めた理由 =
前車コペンを事故で全損、廃車にしたため、代わりの車として。
MT設定があることと、試乗してみてNAのKF-VEエンジンでも
しっかり走ることを評価して購入。

長所 =
とにかく安い。車体価格が100万を切っている(最下位グレードECO
なら70万を切る)のはすごい。
当初思っていたよりは静か。
軽NAとしてはトルクフルなKF-VEエンジン。
内張の省かれた金属むき出しの部分も目立たない。
コストダウンをうまく目立たなくしている。

短所 =
値段を考えれば充分合格点ではあると先に言っておきます。
足回りがへなへな。スタビライザーがついていないのでカーブは
かなり速度を落とさないと怖いです。
高速は結構ふらつく。直線でも120km/hは出したくない。
スタビをつけてリアダンパーを変更すればかなり改善されるらしいが、
わざわざいじる気もしない。
小物入れがもう少しあってもいい気がする
(コペンよりはマシですが)。
給油口をあけるスイッチの位置がサイドブレーキ下なのは
いかがなものか・・・。

メーカーに対する要望 =
オプションでかまわないのでHIDの設定を。
たいしたコスト増ではないはずなので、スタビライザーは
つけるべき。
あと、安全装備であるABS(オプション)も標準化するべき。
ATより(数が出ない分)コストがかかるそうですが、今後もMTの設定
がある車種ラインナップをお願いします。

平均燃費 = 約18km/l
運転頻度 = この車を1週間のうち1・2回運転する
100点満点で何点? = 90点
年齢 = 20歳代
性別 = 男
結婚 = 未婚
都道府県名 = 東京都
次に欲しい車は? = OFC-1

----------

引き続きマイカーインプレ募集中です。
どんなジャンルの車でもお待ちしております。
http://kuruma.cside.com/anke-to/car-impression.html

▼後書き

>給油口をあけるスイッチの位置がサイドブレーキ下なのは
>いかがなものか・・・。

ダイハツ車の伝統ですね。そのスイッチを上にあげるとトランクが
開いて、下にさげると給油口が開くんですよね。

トヨタは嫌いではないですが、好きでもありません。
ただ、人生最後の車はトヨタ車を買うと思います。

壊れにくいし、対応がいいので老後は安心でしょう。

それまでの数十年はトヨタ車を買うとは今のところ
考えれないです。

車に詳しくない人にはトヨタ車を薦めます。
やっぱり世界のトヨタだけあって、いい車を作るからです。

しかし、我々車好きがいう「いい車」と車に興味の無い人がいう
「いい車」の考え方は違います。

何度もこのメルマガでも書いていますが、カローラは本当に
いい車です。けど、人生最後の車がカローラは嫌だなぁ・・・。