日常のメンテナンス

無用なトラブルを避けるため、最低限のメンテナンスはしましょう。

オイル交換

オイルは人間で言えば「血液」です。血液が濁ると体の調子が悪くなりますね?車も同じです。オイルが汚れると調子が悪くなります。なので定期的に交換しなくてはなりません。

おすすめ交換目安

走行約5000キロ(5000キロ走っていなくても、半年経ったら交換したほうがいいです)

最近の車は説明書を見ると、1万キロ無交換でもいいみたいなことが書いてあります。よく、カー用品店やガソリンスタンドなどでオイル交換は5000キロや3000キロごとに交換しましょうと言われたりしますが、1万キロ無交換でも本来は平気なのです。

毎日のように高速や峠道などで加速を頻繁にする車、ターボ車は3000〜5000キロで交換するといいでしょう。

オイル交換の時期・頻度」のページも参考にしてください。

費 用

参考写真:Mobil1

オイル銘柄によりけりですが、経験上値段が高いオイル(高性能)ほど汚れるのが早いです。
中くらいのオイルを定期的に交換すれば効果的です。

オイルには「粘度」がありますので、店員に自分の車と車の使用状況を伝えて、適切なオイルを選択してもらいましょう。

工賃は500円程度。

オイルエレメント(フィルター)

オイルをろ過するためのフィルターがあります。これが汚れてくるとエンジンに悪影響を及ぼしますので、定期的に交換しなくてはなりません。

おすすめ交換目安

オイル交換2回に1回。

費 用

 エレメントは千円台で購入できます。
 工賃は500円程度。

タイヤ空気圧

タイヤの空気は自然に少しずつ抜けていきます。空気圧が減ると、乗り心地は悪くなるし、燃費は低下するし、高速で車線変更したときなどとても危険です。ガソリンスタンドでガソリンを入れるついでに「空気圧見てください」と言えば無料でチェックしてくれます。セルフのガソリンスタンドなら自分でチェックすることもできます。

おすすめチェック目安

1ヶ月に1回。
高速道路に乗る前。

カー用品店などで空気圧測定機が数百円〜2,000円くらいで売っていますので、一つ常備しておくと便利です。

注意点

タイヤが冷えているときに空気圧をチェックしましょう。タイヤが温まっていると正確な数字が出てきません。

費 用

基本的に無料。
抜けにくいと言われている窒素ガス充填はお金かかります。

水抜き剤

ガソリンというものは必ずしも純度がいいものではないので、ガソリンタンク内部に錆ができてしまったりします。錆が進行するとタンクに穴が開いてしまうかもしれないので大変です。そこで俗に言う「水抜き剤」をガソリンタンクに注入します。今時の水抜き剤は付加価値があるものが多いので、タンク内部をきれいにしたり、エンジン内部のスラッジカーボンを取り除く効果もあります。

水抜き剤とは?必要なもの?」のページも参考にしてください。

おすすめ注入目安

参考写真:KURE ガストリーメント

給油5〜10回に1回。

しばらく注入していない車は2回連続注入するといいかも!?
(2本連続注入という意味ではありません。用量は商品の説明書を呼んで適切な量を注入してください)

最近の車のガソリンタンクには水がたまりにくいので、水抜き剤なんて不要だという意見もあります。
(常に満タン給油している場合は特に)

費 用

カー用品店・ホームセンターなどで数百円程度。
ガソリンスタンドに置いてあるのはわりと高め。

エンジンルーム点検

洗車が終わったあとはボンネットを開けてみよう。エンジンルームのチェックポイントを挙げます。

これらの液の残量が少なすぎたり、多すぎたり、色が極端に濁っていたりしたら注意です。通常は液の残量はあまり変化しないので、もし変化したらプロに見てもらいましょう。

点検日

1週間に1回は見たい。古い車は特に。

費 用

無料。

注意点

ブレーキフルードが減っていたとしても、オイルをすぐに足してはいけません。ブレーキパッドが減ると液の量も減るので、とりあえずプロに見てもらいましょう。

バッテリーに比重計がついていたら、それもチェックしましょう。車はバッテリーが弱くなるとエンジンかかりませんので。特に冬場は注意。

エンジンルームの点検とは少し違いますが、駐車場から車をどかした時に、何か液体がこぼれた後がある場合は要注意。もしかしたらどこかのオイル漏れが起きている可能性があります。